1. まとめトップ

吉野家の裏メニュー・隠しメニュー(注文の仕方も掲載)

吉野家の裏メニュー・隠しメニューを調べてみました。注文の仕方も掲載します。

更新日: 2012年06月19日

17 お気に入り 30579 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

heedayさん

とろだく (脂身の多い肉多め)

牛丼や豚丼に脂身の多い肉を多めに入れてもらえる。
カロリーは高めになりそうだが、そのぶん濃厚な肉の脂身がジューシーに口の中でとろけ、
いつもとは違った『吉野家』の丼を体験できるはずだ。

「牛丼並をとろだくで!」と注文する。

頭の大盛り (肉大盛りでご飯少なめ)

牛丼や豚丼の肉を多めにし、ご飯は少なめにしたいときにこれを注文するといい。
肉が多いのでご飯が肉の隙間から見えない。

「頭の大盛りください!」と注文する。

吉野家広報担当者によると、「頭の大盛り」は対応できない店舗もあるといい、
「そういうときは、大盛りを頼んで『ご飯少なめ』としてください」とのこと

頭の特盛り (肉特盛りでご飯少なめ)

牛丼や豚丼の肉をかなり多めにし、ご飯は少なめにしたいときにこれを注文!

「頭の特盛りください!」と注文する。

つゆだく (汁多め)

牛丼や豚丼の汁をやや多めに入れてもらうことができる。
ジューシーな丼を食べたいときにオススメ。

「牛丼並をつゆだくで!」と注文する。

つゆだくだく (もっと汁多め)

牛丼や豚丼の汁をかなり多めに入れてもらうことができる。
実際に注文してみると、汁がお茶漬けのようにたっぷりと丼に入っているのがわかる。

「牛丼並をつゆだくだくで!」と注文する。

つゆぬき (汁なし)

牛丼や豚丼に汁を入れない注文方法。純粋に肉とたまねぎの味を堪能したいときや、
カロリーが心配なときに丁度いい。「

牛丼並をつゆぬきで!」と注文する。

肉下 (肉の上にご飯を盛る)

まず最初に牛丼や豚丼の肉を丼に盛り、その上にご飯を盛ってくれる。
つまり、いつもとは逆さまの順番で盛られた牛丼や豚丼が出てくる。
見た目的にもややインパクトが強い。

「牛丼並を肉下で!」と注文する。

つめしろ (ご飯の温度をぬるくする)

牛丼や豚丼のご飯を冷たい状態で食べることができる。
常温で冷やすため、注文してから出されるまで4~6分ほど時間がかかる。
肉の温度はそのままなのでご安心を。

「牛丼並をつめしろで!」と注文する。

お湯割り (薄味の味噌汁)

味噌汁にお湯を多く入れ、味を薄くしてもらえる。
量は増えるが、価格は同じ。しかし味が薄い。味噌汁の味が
濃いと思っていた人は、お湯割りに挑戦してみよう。

「味噌汁をお湯割りで!」と注文する。

1