1. まとめトップ

踊る大捜査線テーマ曲 "Rhythm And Police" Original & Remix

「君も刑事になれば良かったのに」 「でも、そっちも刺激無いんでしょ」 「あるよ。毎日ドキドキしてる」

更新日: 2013年10月04日

11 お気に入り 52088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!

企画時のタイトルは「サラリーマン刑事」。ここまで人々を魅了してやまないドラマになった「踊る大捜査線」には、織田裕二扮する青島俊作刑事だけでなく、いかりや長介扮する和久平八郎や柳葉敏郎扮する室井慎次などキャラクターに深みのある人物が多かったですね。また、小物や言葉遣いなど細かいところにもリアリティを求めて完成度の高い作品となっています。
そんな「踊る大捜査線」を象徴するものの一つに、音楽があげられます。

さて、そんな踊る大捜査線のテーマ曲と言えば

このサウンドトラックどれほど売れたのでしょうか?
Wikipediaによると

ドラマ版から「容疑者 室井慎次」を担当しているのは松本晃彦、THE MOVIE3を担当しているのは菅野祐悟である。松本はスピンオフムービー「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎次」も手掛けており2005年12月に放映された「逃亡者 木島丈一郎」も担当した。アルバム『RHYTHM AND POLICE』は、I~Vを合わせて100万枚以上販売されている。

THE MOVIE2までのサウンドトラックを合わせるとミリオン達成しています!!

それでは騒動となったあの曲も聴いてみましょう。

そしてこちらが巷で騒がれた曲です。曲の構成、曲調もろもろそっくりですね。

それでは、Wikipediaを見てみましょう

メインテーマ曲RHYTHM AND POLICE(日本音楽著作権協会(JASRAC)作品コード049-0585-7)の原曲は、メキシコの作曲家ロレンソ・バルセラータ(Lorenzo Barcelata Castro ; 二つ目の姓である「カストロ」は母方の姓)(1889 - 1943)が作曲作詞した『エル・カスカベル』(El Cascabel ; 日本音楽著作権協会(JASRAC)作品コード0K3-4404-1)である。すでに著作者であるロレンソ・バルセラータの死後50年が経過しているため、1994年の時点で、日本国内における『エル・カスカベル』の著作権は消滅している。

もう、原曲とはっきり書いてありますね。

とはいえ

人々の心に刻まれた曲であることは間違いない。ということで、そんな踊る大捜査線のテーマ曲「Rhythm And Police」の様々なRemixを紹介!

THE MOVIEのオープニングを飾った心躍るMIX。

THE MOVIE2!!スピーカーがいくつもある人は音の飛び方を楽しんでください。
日本版と海外版のオープニングを比べた動画です。

ロックな感じもどうでしょうか

公式サウンドトラックより、こちらは特にRemix的な感じではないです

いかがだったでしょうか。この他にもいろいろなmix見つけ次第追加していきます。

1