1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Retinaディスプレイ搭載の新MacBook Proの問題点まとめ

Retinaディスプレイ搭載の新MacBook Proには以下のような問題点があります。プロダクトとしての完成度はいまいちスマートなものではないようですね。

更新日: 2012年06月22日

magicanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 59098 view
お気に入り追加

スクロールが引っかかる

この記事によると、ピクセル数が従来の4倍となるRetinaディスプレイを、Safariなどのブラウザで滑らかにスクロールさせることはできないそうです。私もMacを使っているのですが、これは結構ストレスになりますよね。

壊れても一切修理してもらえない

Macが壊れたときAppleストアに持ち込むと、基本的に有償修理ではなく交換対応となり、かなり高く付くそうですが、今回のRetina MacBook Proの場合はバッテリーが筐体に接着されている関係などで、他社の修理サービスに持ち込んでも修理不可能なようです。つまり、「MacBook Proがどっか壊れた→強制的に新品に買い直し→17万円の出費→オワタ\(^o^)/」となりそうです。

ウェブサイトが粗く表示される

当たり前ですが、既存のウェブサイトは従来のディスプレイの解像度向けに作られているので、新MacBook ProのRetinaディスプレイで閲覧すると、iPhone4登場時のようにウェブサイトの画像が粗く表示されてしまいます。閉鎖されたスマートフォンの世界と違い、PC向けの一般的なウェブサイトが今後Retinaディスプレイにあわせた解像度に対応していくことは考えにくいです。

Boot CampでWindowsをインストールするとデスクトップが小さすぎる

Boot CampでWindowsをインストールして解像度をピクセル数に合わせると、上記写真のようにデスクトップやアイコンの大きさが1/4になります。これは使いにくい!もちろん解像度を低く設定することもできますが、やはり画面がかなり粗く感じてしまうのでオススメできません。

参考画像

以下、2chで見つけたRetina MacBook ProにWindows 7をインストールした際のデスクトップ画像です。拡大してみてください。

1





NAVERまとめ初心者です。色々と役に立ちそうなコンテンツを作っていきます。