二日酔いは主に飲みすぎ、すなわち自身のアルコール分解能力(正確には、アセトアルデヒドの代謝能力)を超えた量の酒を飲むことで起きる。
アセトアルデヒドの代謝酵素であるアセトアルデヒド脱水素酵素は、人種あるいは個人の遺伝的体質によりその代謝能力に差がある。
日本人を含むモンゴロイドのほぼ半数はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い「低活性型」か、全く働かない「失活型」である。

出典二日酔い対策専門サイト

日本では、体質的にお酒に弱い人も半分はいるんだと意識しましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【今日は飲むぜ~!】という時に知っておきたい、二日酔いを避けるコツ!

飲む前、飲む時、飲んだ後という3点に重視してまとめます。

このまとめを見る