日本軍による直接的な住民殺害があった。具体的な事例として、久米島守備隊住民虐殺事件(22人死亡)、渡野喜屋事件(35人死亡・15人負傷)、名護市照屋忠英学校長殺害[47]などが挙げられる。日本軍により殺害された住民の総数は明らかではないが、安仁屋政昭は1000人と推定する見解を採り[48]、大田昌秀はスパイ容疑での直接殺害だけで数百人から1000人以上

出典沖縄戦 - Wikipedia

前へ 次へ