45分の集中に対して15分の休憩

出典知らなければ集中することができない「集中とは何か」と「集中を持続させる方法」 - GIGAZINE

また、適宜休憩を挟んで下さい。理想は45分の集中に対して15分の休憩です。集中すると脳はグルコース(ブドウ糖)を消費していき、やがて集中力を失ったり、誘惑へ抵抗しきれなくなってしまいます。ある程度までは休みを挟むか、何かを食べることでブドウ糖を摂取できれば集中力は回復します。ただし、このとき糖分が燃料として使えるようになるまでにだいたい15分ぐらいかかるので、45分に対して15分の休憩ということになっています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

驚異的な集中力を手に入れるちょっとしたコツ

仕事や勉強中に集中力が無くなってしまう事って、よくありますよね。そういった時に、集中力を高める方法を紹介しています。

このまとめを見る