他力本願ではなく、これまで一番楽しい景色を味わってきた(操縦するため一番景色のいい窓を使って深海のすべてを感じてきた)人間が本気を出さないと、「2番になったからもうええやろ(必要ないやろ)」といつ言われてもおかしくはないと思う。別にワシなしでBBQしたから拗ねてる訳でない(笑)。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

しんかい6500を超えた、中国「蛟竜号」の概要とスペック比較

ついに中国の有人潜水調査船「蛟竜号」が日本のしんかい6500の記録を塗り替えました。蛟竜号の基本スペックや概要について、他国の潜水調査船と比較しながら簡単にまとめてみました。

このまとめを見る