@KdWackey 水深だけが焦点という意味ではないですが、11000mの深さの海が現実に存在している以上、そこまで潜れるように目指す事はまぎれもなくチャレンジと思います。また競争が目的になる必要はないですが、日本しか出来ないナニカを創り上げることは色んな意味で大切だと思います。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

しんかい6500を超えた、中国「蛟竜号」の概要とスペック比較

ついに中国の有人潜水調査船「蛟竜号」が日本のしんかい6500の記録を塗り替えました。蛟竜号の基本スペックや概要について、他国の潜水調査船と比較しながら簡単にまとめてみました。

このまとめを見る