1. まとめトップ

歴代のペプシ!期間限定商品~編~

季節限定で発売された ペプシシリーズ まとめ

更新日: 2012年06月24日

dragonfaceさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 137551 view
お気に入り追加

ペプシソルティーウォーターメロン (pepsi Salty Watermelon) - 2012年夏限定、7月24日発売予定。

2012年7月24日(火)

今回、日本人の夏の果物としてなじみの深い“すいか”をテーマにした「ペプシ ソルティーウォーターメロン」を発売します。すいかに塩をかけたような味わいが楽しめる赤色のコーラです。パッケージは、海や空を描いた背景にすいかのイラストを大きく配したデザインで“夏休みのワクワクする楽しさ”を表現しました。

ペプシピンク (pepsi PINK strawberry and milk flavor) - 2011年秋限定。

発売期日 2011年11月8日(火)

今回は、“冬のパーティーシーズンにふさわしい、華やかなピンクのコーラ”をコンセプトにした「ペプシ ピンク」を発売します。豊かな香りと爽やかな味わいが楽しめる、いちごミルク風味のコーラです。パッケージは、いちごをモチーフにデザインしたメタリックラベルを使用し華やかに仕上げました。

ペプシカリビアンゴールド (pepsi CARIBBEAN GOLD WHITE SAPOTE FLAVOR) - 2011年夏限定。

2011年7月26日(火)

今回は、“カリブ海の高級リゾートで飲んでいるようなコーラ”をコンセプトにした「ペプシ カリビアンゴールド」を発売します。カリブ海沿岸や中南米に生育する果実「ホワイトサポテ※」のフレーバーを採用した、爽やかな味わいのコーラです。パッケージは、カリブ海を思わせる青色のラベルと財宝をイメージした金色の液色でリゾート地の贅沢な雰囲気を演出しました。
※亜熱帯性の柑橘類(ミカン科)の果樹。果皮は緑色から薄い黄色をしており、果実は非常に甘い。

ペプシモンブラン (pepsi Mont Blanc) - 2010年秋限定。

2010年10月26日(火) 季節限定

今回は、栗を使った人気デザート「モンブラン」をテーマにした「ペプシモンブラン」を発売します。
「ペプシモンブラン」は、「モンブラン」のような甘い味わいと香りが特長のコーラ飲料です。パッケージには、フランス語で“白い山”を意味するモンブランを表現するために、雪が降り積もった栗の実のイメージをデザインしました。

ペプシバオバブ (pepsi BAOBAB REFRESHING COLA FLAVOR) - 2010年夏限定。

2010年5月25日(火) 季節限定

今回は、アフリカに古くから生育している“バオバブ”の木をモチーフにした「ペプシバオバブ」を発売し、新たなコーラユーザーを獲得していきます。
「ペプシバオバブ」は、“バオバブ”の実の味をイメージしたスパイシーですっきりとした味わいと、炭酸の爽やかな刺激が特長のコーラ飲料です。パッケージは、アフリカの大地で夕陽に照らされる“バオバブ”の木をデザインしました。また、炭酸の刺激をよりいっそうお楽しみいただくため、「ペプシネックス」等で使用しているハイブリッドボトル※2を採用しています。

ペプシあずき (PEPSI Azuki) - 2009年秋限定。

2009年10月20日(火) 季節限定

今回は、古くから日本人に馴染みの深い“あずき”をテーマにした「ペプシあずき」を発売し、新たなコーラユーザーを獲得していきます。
「ペプシあずき」は、上品でまろやかな甘さと、コーラならではの爽やかな刺激が特長の「あずき」風味のコーラ飲料です。液色には、「あずき」をイメージさせる、えんじ色を採用しました。パッケージは、着物の地模様のようなデザインを背景に、金色の商品ロゴを縦書きで配すことで、雅な和の世界を表現しました。

ペプシしそ - 2009年夏限定。

2009年6月23日(火) 期間限定

今回は、古くから日本人に馴染みの深い“しそ”をテーマにした「ペプシしそ」を発売し、新たなコーラユーザーを獲得していきます。
「ペプシしそ」は、爽やかな香りとすっきりとした後味が特長の、しそ風味のコーラ飲料です。液色には、青じその清涼感を伝える鮮やかな緑色を採用しました。パッケージは、白い麻の生地をイメージした背景に、中央をしその形に透明にかたどったラベルを採用することで、“涼しげな夏”を演出する、斬新なデザインに仕上げました。

ペプシホワイト 2008年秋限定。

2008年10月21日にリリースされた冬季限定のペプシコーラ。08年の限定ペプシは「ペプシブルーハワイ」に続いて本品が2つ目となる

パッケージには白を基調とし、ペプシグローブを水玉のようにあしった軽やかなグラフィックを採用。柔らかで特徴的な日本語のタイポグラフィがポップな印象を与える。ニュースリリースによると「空に舞う雪と炭酸」をイメージしたデザインだという。

ペプシブルーハワイ 2008年夏限定。

2008年6月10日にリリースされた期間限定のペプシコーラ。

パイナップル+レモンのトロピカルなフレーバーを採用。これは同じ名前のカクテルのレシピの一部を参考にしたもと思われる。

キャンディのような軽いフレーバーが夏によく合う。しっかりとした炭酸が全体を引き締めており、バランスの良い中々に美味なコーラであった。

しかしフレーバーが無難な組み合わせであり、青色がPEPSI Blueとかぶっていたりと限定コーラとしてはインパクトは薄かったようだ。前年発売のキュウリ味のペプシ「PEPEI ICE CUCUMBER」のように伝説の飲料となることはなかった。

ペプシアイスキューカンバー 2007年夏限定。キュウリ味。

6月12日発売予定の本品が何故か近所のスーパーでフライング発売。

香りは確かにキュウリで、後味に微かに独特の青物っぽいフレーバーが残る。しかしキュウリのくどさや臭みはなく、実に爽やかな夏向きの飲料に仕上がっていた。液体の色からもっとメロンっぽいものを想像していたが、このコーラは正真正銘のキューリ味である

キュウリとメロンは同じウリ科の中でも同じ属に分類される、非常に近いものらしい

ペプシレッド (PEPSI RED) - 2006年夏限定。

2006年6月6日に発売された数量限定PEPSI。同年の「限定PEPSI三部作」の先鋒を務めたのが本品である。

PEPSI REDのコンセプトは「スパイスコーラ」。これはシナモンやチリなどの香辛料でフレーバーをつけたもので、PEPSI HOLIDAY SPICE(米04年)やPEPSI FIRE(マレーシア05年)等PEPSIが近年に力を入れている新ジャンルのコーラだ。日本で発売されるのはこれが初めて。

面白いコンセプトながら、1ヵ月後に次の限定PEPSI「PEPSI Carnival」が発売されてしまったため大量の不良在庫が発生した模様。自販機で50円で叩き売られる姿が涙を誘った。

ペプシエックス (PEPSI X) - 2005年夏限定。

2005年6月7日に期間限定で発売されたペプシのエナジーコーラ。

独特のグラフィックや、少し赤みがかった色は海外のXと同じ。裏面には「コーラとガラナの刺激 クセになる味、直撃」とやや壊れ気味のキャッチが踊る。

5月発表のプレスリリースには「対象製品がなくなり次第終了」とあるが、05年10月現在でもまだ売れ残っており、一部はディスカウント自販機で80円で叩き売られている。昨年話題を独占したPEPSI BLUEの再来とはならなかった。

ちなみに今のところ、同社のHPの年表でも本製品については触れられていない。BLUEは載ってるのに!

ペプシブルー (PEPSI BLUE) - 2004年夏限定。

2004年6月に発売され話題を呼んだ日本初の青いコーラ。同年にリリースされたCoca-Cola C2と混ぜると緑色になることでも有名になった。

非常にクセのないコーラで、後味にPEPSIにはない独特の酸味が残る。飲みやすいが反面ボディ感に欠け、PEPSIを期待して飲むと物足りなさを感じる。かなり甘いので、これを「夏向き」といえるかについては意見が分かれそうだ。

物珍しさも手伝って、8月前半に完売するほどの人気だった。

ペプシゴールド (PEPSI GOLD LIMITED EDITION) - 2006年限定。

▼発売期日 2006年11月7日(火) 数量限定
▼発売地域 全国

●「ペプシゴールド」について
軽やかなジンジャー風味とコーラならではの炭酸の爽快感が特長のすっきり飲めるコーラ飲料です。印象的なゴールドの液色に、きらめくゴールドを表現した斬新なパッケージです。

ペプシカーニバル (PEPSI Carnival) - 2006年限定。

2006年7月25日に数量限定で発売されたトロピカルフレーバーのPEPSI。
サントリーは04年のPEPSI BLUEを皮切りに毎年夏に数量限定のPEPSIを発売しているが、これまでは全て海外品の焼き直しであった。PEPSI Carnivalは限定PEPSIとしては初のサントリーオリジナルとなる、記念すべき製品である。

ちなみに06年は11月にも「PEPSI GOLD」が発売されるなど、限定PEPSIの当たり年であった。

1 2





dragonfaceさん



  • 話題の動画をまとめよう