1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【音楽】【2012年】次の世代を担う注目のインディーズバンド 15選

Grimes? Lana Del Rey? そんなのメジャーなアーティストだ!ここでは、本当に最先端のインディーズバンドを紹介します。来日はおろか、音源のリリースも数少ないバンドばかりですが、その音源の「質」は保証します。2012年彼らが活躍することを期待しましょう。

更新日: 2013年12月31日

1241 お気に入り 141563 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

taikissさん

Danger MouseプロデュースのLAのソフトロックデュオElectric Guest。
2012年春に4月にリリースしたデビューアルバムのプロデュースもDanger Mouseが手掛けている。

フジロック2012への出演も決定。ソフトロック+エレクトロニカ、どことなくgorillazのような雰囲気もある実力派。

http://www.facebook.com/electricguest

TAICOCLUB'12でのパフォーマンスも大盛況だった、元ZOO KIDの名義でも名を上げていたロンドンの17歳のシンガー・ソング・ライター。

本当に17歳?と思うほど渋すぎる声と、シンプルではあるが、聴き心地の良いリフをうまくミックスしてた楽曲が特徴。

最近は、girlsやreal estateとも競演している。

この歌い方はチェット・ベイカーとイアン・デューリー、ジョー・ストラマーに影響を受けたとのこと。

http://www.facebook.com/zookiduk

Captured Tracksからリリース。ブルックリンの男女デュオ。

Cure直系の甘酸っぱいネオアコシンセポップ。

http://www.myspace.com/iamwitchcraft

スウェーデンのエレクトロポップデュオ。トロピカルなサウンドと浮遊感のある女性ボーカルが特徴。

pitchforkなどの評価も高く、昨年から今年にかけて度々名前の挙がるアーティスト。

http://www.facebook.com/pages/jj/187340498909

ネット上でのリミックスワークと、数枚のアルバムのフリーダウンロードを行い、その楽曲の質の高さから2012年年明けの話題をかっさらったカナダのアーティスト。

R&Bとベースに、トリップホップのような重いアンビエントな楽曲が心地よい注目バンド。

tyler the creatorとの共演も果たし、話題になったトロントのジャズ&ヒップホップインストトリオ。

OFWGKTA、james blake、Kanye westなどのカヴァーをはじめ、オリジナルも数曲。テクニックの高さに裏打ちされた、ミニマムでクールな楽曲に注目が集まっている。

WEBでの発信から知名度を得た好例。

http://badbadnotgood.bandcamp.com/

東京を中心に活動するポストダブステップバンド。ギターレスというバンド形態と、ポストロックやエレクトロニカから影響を受けた、中毒性のある世界観が特徴。

http://www.facebook.com/atheropendoor

ロンドン出身のエレクトロ、ポストダブステップデュオ。元々はjames blakeも在籍しており、現在はjames blakeのツアーギターとしても参加している。

ダビーなリズムに絡む、硬質なクリック音とドリーミーでポップな楽曲。sonar sound tokyo2012にて来日も果たしている。

http://www.facebook.com/mountkimbie

BBC Sound Of 2011にも選ばれたイギリスのアーティスト。
ウィッチハウス+80’sエレクトロ、そこにハドソンモホークのようなポストモダンなエッセンスを併せ持った脅威の新人。

デモ音源「BTSTU」が話題を呼び、ドレイクが「Dreams Money Can Buy」でサンプリングしたことでも話題となった。

http://soundcloud.com/jaipaul

ロンドンを中心に活動するエレクトロユニット。元々はChristian AIDSという名前で活動。

開かれた音楽性に反して、PVに北朝鮮の映像を使用したりと、エッジのきいた面も持つ。

http://www.facebook.com/staystaystay

元マヒルノのメンバーによる超絶インストバンド、アヴァンギャルド+サイケデリアとも称される攻撃的なサウンドが魅力。

SXSWにも出演実績をもつ。

http://www.facebook.com/lagitagida

アレックス・カプラノス(フランツフェルディナンド)が全面プロデュースし、Kitsuneからリリースを果たした5人組。

話題ばかりが先走る中、ダンスロックの系譜に一石を投じられるか注目。

https://www.facebook.com/gocitizens

インターネットで意気投合したという、ロンドン出身のAluna FrancisとGeorge Reidによる男女デュオ。

ダブステップ、トリップホップの空気感を持ったトラックに、スイートで正当派なボーカルが映える期待に新人。

http://www.facebook.com/alunageorge

カナダのエレクトロ・ポップ・トリオ。
近年女性アーティストで流行した、エレクトロ+ゴシックな雰囲気を持ちつつも、独特の世界観を作り上げている。

絶妙なルックスで繰り広げるライブフォーマンスも必見。

http://www.facebook.com/pages/Austra/124441027607242

UKのCHILWAVE系インディポップトリオ。夏を髣髴させる柔らかなサウンドが特徴。

元祖chill wave勢が不振の中、突き抜けることできるのか期待。

http://www.facebook.com/mafialightsmusic

1 2