1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

昔から日本人になじみの深い畳(い草)、とても落ち着くいい香りをしていますよね。実は、その香りには集中力を高める効果があったんです。

▼研究によると・・・

フローリングの部屋より畳部屋のほうが集中できる、つまり勉強に取り組みやすい環境を作ることができる

小学5年生と中学1年生を対象とし、フローリングの部屋と畳部屋で計算問題を解いてもらいました。すると、畳部屋ではなんと解答数が14.4%もアップしていたんです! 予備調査も行い、得た結果を様々な角度から分析した結果、畳の部屋には“集中力の持続効果”があることがわかりました。

畳(イグサ)には、α-シペロンやバニリンなどの芳香成分が含まれています。これらは、樹木がかもし出すリラックス効果のある芳香成分と同じものです。この香りのおかげで、実験に参加していただいた方々が持っているポテンシャルを引き出せたのだと思います。

イグサにはバニラに含まれるバニリンや、樹木と同じフィトンチッドなどの香り成分が含まれ、リラックス効果がある。

畳の部屋で勉強をすることは、リラクゼーション効果が高い森林浴の環境に近い状態で勉強をしていると考えられます。

▼他にもこんな嬉しい効能が!!

「天然のエアコン」と言われるほどの空気浄化作用や吸湿・発散作用があります。

▼今すぐおしゃれに始めよう♪い草生活

1