1. まとめトップ

海外ロックスターに学ぶファッション ノエル・ギャラガー編

海外ロックスターのファッションをスタイル別にまとめました。今回はノエル・ギャラガー編です。休日着る服がないというお父さんにオススメです。

更新日: 2012年06月26日

63 お気に入り 88607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シャツスタイル

ごまかしのきかないシャツを着こなせてこそ大人の男。
サイズ感で勝負です。

淡いブルーのシャツとベージュのパンツ
間に茶のベルトと革靴を挟んだシャツスタイル。

一歩間違うと中年男性丸出しファッションですが、
薄色アイテムの間に濃い茶系のアイテムを
挟むことで引き締め効果を生んでいます。

ちょい腰履きのサイズ感もゆるい印象を与え、
薄色アイテムとの相性が良く、タックインの堅さを
中和します。

シャツスタイル1のジーンズバージョン。

ジーンズが濃色のため他のアイテムを
全て薄色に変更、またジーンズのカジュアル感を
生かすためシャツ出しです。

シャツにジャケットを羽織ったスタイル。

上が薄色、下が濃色のスタイルで
上の印象が薄くなるためストールを追加。
全体がうるさ過ぎないバランス感はさすが。

ジャケットを着てのタックインは堅すぎると
感じたのかシャツ出し。少しアウトローのイメージの
ある彼には丁度いいですね。

サングラス+2ボタン開け+タックイン+腕まくり

セクシーですね。
腕まくりはまくりすぎると子供っぽくなるので、
写真の七分袖かもうちょっといって五分袖くらいが
良いと思います。

また他のシャツスタイルにも言えますが、
ネックレス等首のアクセサリーは下品に
なりがちですので、しないほうが
色っぽくなると思います。

男は黙ってボタン開け!

ポロシャツスタイル

イギリスのモッズカルチャーを象徴するポロシャツ。
もちろんイギリス人じゃなくてもかっこよく着られます。

三つボタンのポロシャツをトップボタンまで閉める
モッズの代表的な着こなし。
上にモッズコートを羽織れば秋冬もいける
スタイルです。

特筆すべきはサイジング。写真のように腰の少し下、
ベルトが隠れるか隠れないか位がベストです。
大量生産の量販店のポロシャツは丈が長めなので
かっこよく着たい場合はご注意を。

ポロシャツスタイル1のようにモッズの流れを組む
着こなしならともかく、歳を取ると地味色を選びがちで地味色は年寄りに見える悪循環に陥ります。

それを防ぐため、1枚は明るい色を用意しましょう。写真のように濃いパンツと合わせることで、上品さも失われません。

革ジャンスタイル

ロックといえば革ジャン。
決めすぎなアイテムに思われがちですが、他のアイテムでハードさを薄めることで十分普段使いできます。

濃い目のカラーで統一したハード革ジャンスタイル。

非常にかっこいいですが、真似をする場合
人を選びます。

かっこ良く決まる自信が無い場合はマフラーを
もっと明るめの色にするか、マフラーをとって
中のシャツを明るめの色にするとバランスが
良くなります。

またもっと青い色のジーンズに変更するのも
ライトな印象になります。

革ジャンのハードさを抑え、スポーティにまとめた
スタイル。

革ジャンのジップを閉めることでショート丈の
ブルゾンに早変わり、スポーティな印象に
なります。ただスポーティになり過ぎないよう
ストールを上品に巻いてバランスをとっています。

またブルーのジーンズに目を引かせ、それ以外を
茶系でまとめることでカジュアルさと上品さが
共存します。

足元のクラークスも上品さを演出していますね。

革ジャンスタイル2のマフラーオフバージョン。

襟と腰から見える白シャツが引き締め効果を生み、
重くなりがちな革ジャンの印象を薄めています。

ここでも足元はクラークスですね。

1