出典 www.airline.gr.jp

こんなことを何十社もこなしながら落とされる状況が続けば、精神的に参るのも当然だ。

この過酷な競争が21.22歳になった途端、急に目の前に現れるのだ。

右が面接官。
彼らが学生の頃には、こんな採用スタイルが存在していたのか疑問だ。

この情報が含まれているまとめはこちら

【大人の無関心】学生の自殺者 初の1000人突破「ゆとり世代」を全力で擁護するまとめ

リーマンショック以降、もはや歯止めがきかない就職難。「働きたくても仕事がない」そんな大学生たちが次々と命を絶っている現代日本。これに、さらに追い討ちをかけるような「ゆとり世代の体たらく」という世論の論調。果たして。本当に全ての責任が彼らにあるのか?

このまとめを見る