「就活生ですが、自殺することにしました」――。インターネットに、自殺を示唆する書き込みが止まらない。

上記でも触れたが、2012年6月8日に政府が発表した「自殺対策白書 2012年版」によると、2011年の学生・生徒の自殺者数は1029人で、初めて1000人を超えた。

自殺者数が急増した1998年を起点とした推移をみても、最近は20歳代の自殺率が高まっており、若年層の雇用情勢が悪化していることが影響していると指摘。何十社と企業を訪問して面接を受けても内定がもらえないことで「就活4生」がうつ状態になってくる「就活うつ」になりやすい可能性もある。

~ある女子就活生の状況~

・将来の就職を見据えて就職率のいい大学に入り、サークル活動やアルバイトやボランティア活動でネタ作り
・30人以上にOB訪問を行い、長期のインターンシップに参加し、模擬面接を繰り返している
・その後、睡眠不足や虚脱感に襲われ、心療内科で薬を処方してもらうようになってしまう。医者からは就活を止められ休養するようにいわれるが、「それでも就活はやめられない」
・ 奨学金をもらいながら大学に通っていたことや、家庭環境から自分が働いて家族を支えていきたいという思いが強いようだ。それらがプレッシャーとしてあったのかもしれない

彼女のような、真面目で責任感のある学生ほど、プレッシャーに押しつぶされ、自ら「死」というものを選んでしまうのだ。

さらに、驚くべきことに就活生にメンタルヘルスの影響を調べたところ98人のうち、14.4%、じつに7人に1人が「就活うつ」状態に陥っていることがわかったのだ。

このデータは、単に国内の医師のみが診断を下したものではなく、WHO「世界保健機関」という、世界規模の診断テストの結果判明したうつ病の診断なのだ。

これでもまだ、「ゆとり世代」のせいに出来るのだろうか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【大人の無関心】学生の自殺者 初の1000人突破「ゆとり世代」を全力で擁護するまとめ

リーマンショック以降、もはや歯止めがきかない就職難。「働きたくても仕事がない」そんな大学生たちが次々と命を絶っている現代日本。これに、さらに追い討ちをかけるような「ゆとり世代の体たらく」という世論の論調。果たして。本当に全ての責任が彼らにあるのか?

このまとめを見る