『ジオラマ』シリーズを制作して以降、『海景』『劇場』『ポートレート』『蝋人形/恐怖の館』『陰翳礼讃』『建築』など、今日まで制作が続くシリーズを発表し続けており、一貫して個人の存在を超えた時間の積み重なりや流れをとらえるためのコンセプトや方法を模索している。

出典杉本博司 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本を代表する現代美術家『杉本博司』の作品まとめ

日本を代表する現代美術家『杉本博司』の作品をまとめてみました。

このまとめを見る