1. まとめトップ

日本にいながら海外旅行気分♪沖縄・離島の最高級リゾートホテルで贅沢に!

海外旅行に行くだけの休みが取れない、海外の食事が苦手、近場でのんびりしたい・・・などなど、そんな方には透明感あふれるビーチが揃う、沖縄県の離島がオススメです。国内にいながら、海外旅行気分を味わえますよ!最高級リゾートホテルで贅沢な休日を過ごしましょ♪

更新日: 2012年06月28日

242 お気に入り 133901 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SNSNさん

【石垣島】

石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する島である。面積は約 222.6 km² と沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。日本では本土と沖縄本島を含め、天草上島に次いで 21番目の面積を持つ[1]。人口は約4万5千人。

シュノーケルに最適なビーチとしてよく知られています。
隣接している米原キャンプ場も一年を通して利用客が多く、観光客にとても人気があります。ここの砂浜は石が多く少しごつごつとしていますが、ビーチの幅はとても広く大勢の人が来ても混み合うことはありません。

市街地の「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」の目の前にあるビーチ。ホテル管理のビーチハウスがあり、シュノーケルツアーなどさまざまなマリンアクティビティが楽しめます。

石垣島のリゾートホテル

出典yoyaq.com

石垣空港から車で約5分という立地。
インターコンチネンタルならではの高水準なサービスと八重山ならではの感動体験をお届けします。
体験型プログラムが充実しているキッズクラブがあるので、お子様連れにはぴったりです。

【公式サイト】
http://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/

開放的なロビーからは八重山諸島が一望できるロケーション。ゆとりの客室と2つのプールや大浴場、スパなども充実しています。

【公式サイト】
http://www.route-inn.co.jp/gv/ishigaki/index.html

鮮やかなグラデーションを映すサンゴ礁と、独立したヴィラのプライベート空間で心と体をリフレッシュ。一日三組のみお客様をお迎えし、心のこもったおもてなしをしてくれます。各部屋に小さな屋外プール付。
オーシャンビューで静かなコテージ風の宿をご希望の方にオススメです。

【公式サイト】
http://www.yugafu-yamabare.net/

【宮古島】

宮古島(みやこじま)は、沖縄本島から南西に約300km、東経125度、北緯24度に位置し、太平洋と東シナ海の間にある島である。南西諸島西部の島嶼群宮古諸島に属し、先島諸島の一部を成している。面積は159.22km²[1]で、沖縄県内では、沖縄本島、西表島、石垣島に次いで4番目に広い。

観光名所にもなっている宮古(みやこ)島を代表するビーチ。海の向こうはすぐ「来間(くりま)島」。海岸沿いに7キロもの長い砂浜が続いてます。その砂を手にとって見ると、きめ細かくてサラサラ。ちなみに、ここはあの有名な「全日本トライアスロン宮古島大会」のスイム、スタート、ゴール地点にもなっています。
美しくて広いビーチにもかかわらず、人が少ないので、ゆったりと過ごせます。

宮古島の中で最もメジャーなビーチのひとつ。
海の透明度は抜群。南国情緒あふれる雰囲気の中、ほってった体を涼めてくれます。

贅沢なときを過ごすにふさわしい、洗練されたリゾートホテル。客室はすべてスイートルームです。

ホテル本館、イースト館には、スーペリアスイートなど4つのルームタイプ。
別棟のプールヴィララグーンスイート、コテージタイプのプールヴィラロイヤルスイートは、プールを備えた客室です。プライベートを大切にしたいお客様のために、ホテルから独立した戸建のゲストハウスもあります。

【公式サイト】
http://www.nanseirakuen.com/allamanda/index.html

宮古島のリゾートホテル

出典anker.to

贅沢なときを過ごすにふさわしい、洗練されたリゾートホテル。客室はすべてスイートルームです。

ホテル本館、イースト館には、スーペリアスイートなど4つのルームタイプ。
別棟のプールヴィララグーンスイート、コテージタイプのプールヴィラロイヤルスイートは、プールを備えた客室です。プライベートを大切にしたいお客様のために、ホテルから独立した戸建のゲストハウスもあります。

【公式サイト】
http://www.nanseirakuen.com/allamanda/index.html

各棟独立した赤瓦のヴィラは、沖縄の民家の雰囲気をたっぷりにホスピタリティ溢れるおもてなしが快適さとくつろぎをいっそう豊かなものにしています。どの部屋からも一直線に広がる水平線が一望でき、贅沢に配されたテラスではプライベートプール、ベット付の東屋など完璧に守られたプライベートな空間で心からくつろげます。ホテルの眼前に位置するプライベートビーチで寛ぎ、輝く太陽と海に抱かれながら極上の時間をゆったりと過ごせます。

【公式サイト】
http://www.villabu.jp/index2.html

久米島(くめじま)は、沖縄本島から西に約100km、沖縄諸島に属する島で、最も西に位置する島である。人口は1万人弱で、行政上は島全域が久米島町に含まれる。面積は59.11km²[1]で、沖縄県内では、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目に大きな島である。

ダイビング地として有名で、国内の大手航空会社が共にリゾートホテルを展開しており(現在は撤退または撤退予定)、長く広がるイーフビーチには民宿なども多く点在する。

【久米島】

久米島の東側に浮かぶ砂の島。真っ白い砂以外は何もなく、そこにポツンとトイレが一つ立っています。日陰がないので、日焼け止めやサングラスなどは必須です。

久米島のリゾートホテル

すべての部屋がオーシャンビューのリゾートホテル。
フロントを抜けると眼前に広がるシンリ浜。
潮風と波音に包まれて癒しの時を過ごすことができます。

【公式サイト】
http://www.cypresshotels.co.jp/kumejima/

竹富島

竹富島(たけとみじま)は、沖縄県の八重山諸島にある島。沖縄県八重山郡竹富町に属している。八重山の中心地である石垣島からは、高速船で約10分程(約 6 km)の距離にある。

竹富島は、

町並みが重要伝統的建造物群保存地区として選定されていること。
八重山ミンサーの一般的な「いつの世までも末永く」デザイン発祥の地であること。
「なごみの塔」「西桟橋」「小城盛」などの歴史的建造物が数多くみられ、また、保存状態が良好なこと。
「カイダー字」「藁算」「パナリ焼」(喜宝院蒐集館の収集物)など数多くの貴重な生活記録が保存されていること。
沖縄を代表する民謡「安里屋ユンタ」の主人公である安里屋クヤマ生誕の地であること。

ほか、数多くの歌謡(民謡・古謡・わらべうた)、芸能、伝承、風習などの伝統文化が継承されている文化遺産の島である。

竹富島の中だけでなく、八重山としても屈指のビーチ。
ただ砂地がメインなのでサンゴも魚も少なく、シュノーケリングには不向き。また干潮時はかなり浅くなりますので海水浴も難しい。満潮時は海水浴を楽しみ、干潮時は沖に現れる砂浜に歩いて渡るのがおすすめです。

竹富島のリゾートホテル

星のリゾートが展開する最高級リゾートホテル。珊瑚の石垣に囲まれた特有の伝統建築を再現した一棟貸切の宿です。

【公式サイト】
http://www.hoshinoyataketomijima.com/

1