1. まとめトップ

【Facebook】iPhoneアプリ遅さを解消する方法

iPhoneアプリ版のFacebookが何故重いのか、そしてどうやったら高速化できるのかをまとめました。さらには将来アプリ版がどうなっていくのかも追加。

更新日: 2012年06月29日

1 お気に入り 2250 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CmH2nOnさん

■Facebookアプリは何故重いのか?

○必要のないデータをダウンロードしているから!

現バージョンのFacebookアプリは、Objective-Cのシェルの内側にウェブブラウザがあり、多くの部分がHTML 5で記述されている。したがって、イメージやコンテンツをウェブからダウンロードしながら描画が行われ、スピードが遅くなる。

→ 実はSafariと見ているのと変わらず、効率が悪い

出典tuiken.jp

現在のデータ量は、iPhoneの「設定」→「一般」→「使用状況」→ストレージ「Facebook」を見ることができます

→ 大量にダウンロードされたデータが保存され、スピードを遅くする

■それではユーザーができる高速化方法3つを紹介

○高速化法その1:アプリの再インストール

出典nanapi.jp

長押しするとアイコンが揺れ始め☓マークが表示されるので、☓マークを押す

出典nanapi.jp

「検索」から探して、再インストール

→ データ全体が一旦削除されるので、確実に高速化、アプリが起動しない&落ちる事象への対応にもなります

○高速化法その2:一旦ログアウトし、再ログイン

その後、表示されるログイン画面ではパスワードのみを入力すれば再ログイン可能

→ 手軽にできるので、手軽に試せる方法です

○高速化法その3:サードパーティのアプリを利用

『beejive』のjiveという単語は『軽快、軽妙』という意味。

動作が軽快なだけでなく、メニュー構造もわかりすい。以前のアプリにイメージは近い。

■しかし、来月には明るいニュースが!

○アプリがバージョンアップし、ダウンロード量を減らして高速化

Objective-Cで書き換えることで、ほとんどの機能をアプリ内に構築して、ウェブからのダウンロードを最小限に抑えることができるとのこと。

→ これにより根本的な解決になるのか、注目したい

1