1. まとめトップ

【ゲーム】ドラゴンクエストのあまり知られていないウラ設定、エピソードまとめ

ドラゴンクエストのあまり知られていないウラ設定、エピソードまとめ

更新日: 2012年08月18日

110 お気に入り 534428 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zerosmileさん

ドラゴンクエストの教会に関する裏話

昔のドラクエでは教会のシンボルマークは十字架
今のドラクエではちょっと違うシンボルマークになっています

宗教上の問題でキリスト教と関連のないマークにする必要があったからだそうです

海外ではDRAGON WARRIORという名前で発売されている

アメリカではすでに同名のテーブルトークRPGが売られていたため

ドラクエは初めからⅢを最終点としていた

1で一人主人公にて操作等覚え、2でパーティープレイ、3で転職などの取り入れるなど
段階的にいろんなシステムを導入していった

ゲーム雑誌編集者によるドラクエ攻略本に関する裏話

・発売前にソフトの持ち出しは禁止
編集担当者はライターやバイトを10人ぐらい連れて、エニックスの会社に通う

・データ検証
ストーリー担当と、データ担当、カジノなどのミニゲーム担当などに分かれていて徹底的に自分たちで検証していた

ザキは血液を凍らせて殺す呪文

氷属性モンスターにはきかない事が多い

冒険の書は消えてしまいましたは読み込み不良

読み込み不良の場合に表示されるメッセージなので
音楽なってるときに電源切って入れてをすれば復活することがある

スライムナイトの上の騎士もスライムの一部

小説版Vでの設定ですが

さいごのかぎの先端の素材

マネマネ銀というものが使われている

MPはマジックポイントではない

マジックパワーです

ドラクエのOPテーマは5分で考えられたもの

すぎやまこういちが便所に座りながら5分で考えたそうです

スライムやマドハンドは草食、雑食などで変化している

スライム「草食」、スライムベス「雑食」
マドハンド「草食」、ブラッドハンド「肉食」

▼ドラゴンクエスト1

開発期間

今ではシリーズ作の発売の感覚がすごい空いてますが
当初発売されたドラゴンクエスト1は開発期間は約5か月で作られているそうです

容量に関する裏話

当初のFCソフトは容量との勝負で使える容量はわずか64KB
何を削るかということで削られたのが文字数です

実は文字は全て使われているわけではなく
カタカナは20文字しかないのです

イカキコシスタトヘホマミムメラリルレロン

ダースドラゴンは本来ダークドラゴンになる予定だった

文字の容量の関係上ダースになってしまった

すばやさは行動の順番ではない

ドラゴンクエスト1に関してのすばやさは
行動の順番ではなくて、回避率である

レベルアップに関する雑学

レベルが1から2になるのに必要な経験値が低く設定されているが
これはRPGのレベル上げの楽しさを分かってもらうためにわざと低く設定されています

北米版ドラゴンクエスト1ではグラフィックが多数ある

北米版ドラゴンクエスト1では実は歩くグラフィックが正面以外にも用意されています
またセーブも可能となっています

テストプレイの裏話

RPGがまだ一般的に知られていない状態に開発されたゲームだったため
テストプレイ時に色々問題があり直す点があったといいます

当初フィールドからスタートする形でしたがプレイヤーは街や城に入らずフィールド上をふらついてしまいました、そこで王様がいた部屋に閉じ込め操作を教えてから外に出る形に変更になったそうです

主人公には成長パターンがある

主人公の名前に使われた文字によって成長パターンが決まる

▼ドラゴンクエスト2

オリビア岬のイベントは本来2である予定だった

容量が足りずに3のイベントになったそうです

モンスターの強さバランスが悪かったのは時間不足

発売日に間に合わせるために通しのテストプレイをしなかったため

ロンダルキアの洞窟は右手の法則で落とし穴回避できる

穴に落ちずに進むことが出来る

容量の都合で街がひとつカットされている

ムーンペタ→ルプガナの間の砂漠にはホントは街があった

MSX版のドラクエ2にはあぶない水着のカット絵がある

ムーンブルクのあぶない水着のカット絵が入るイベントがある

モンスターが金を落とす理由

ハーゴンが宝石を魔物に変えているという設定

1 2 3





このまとめへのコメント2

  • zerosmileさん|2012.09.02

    ありがとうございます
    ドラクエ好きなのでこういう記事また書いていきますね(*´ω`*)

  • kukuさん|2012.09.02

    面白いです!

1