1. まとめトップ

秋元康も恐れる福岡ローカルアイドル「LinQ」の凄さ

福岡ローカルアイドルの枠を超えて、関東での活動などで幅広い人気を獲得しているLinQの魅力に迫ります。

更新日: 2012年06月30日

tsukasansanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 37718 view
お気に入り追加

■HKT48最大のライバル「LinQ」

HKT48にとって目下最大のライバルとなっているのが、福岡で活動するローカルアイドルグループ・LinQだ。

「HKT48サイドは以前からLinQに対してかなり対抗心を燃やしていますからね。地元でのイベントは共演NGですし、すでにLinQがブッキングされているイベントや番組に、HKT48サイドから破格の条件で差し替えの“逆オファー”が届くこともあるそうです。」

福岡の業界関係者

■HKT48より7ヶ月早く誕生したLinQ

2011年(平成23年)4月17日にイムズホールでデビュー公演が行われ、応募総数1162名のオーディションで選出された33名が出演した。

HKT48の劇場オープンが同年の11月。
LinQのほうが7ヶ月誕生が早いことに。

■タワレコのレーベルT-Palette Recordsからリリースのシングルがオリコン22位を記録

11月には、タワーレコードのアイドル・レーベルT-Palette Recordsから初の全国流通となる2ndシングル「カロリーなんて」を発表、オリコンウィークリーチャート22位を記録。

■東京でのライブも激増 次々と成功を収める

■クオリティの高い楽曲群

クラブ・ミュージック、ダンス・ミュージックのエッセンスがちりばめられながらも、アイドル・ポップスとしての爽やかさを持つ楽曲群が特徴だ。その製作を担うeichi氏は、中島美嘉を発掘したプロデューサーとして知られる

■リンク

1 2





楽しく有益な情報をNAVERで発信できれば良いと思っています◎
放置していたTwitterを再開しようと思います!