1. まとめトップ

AIR Native Extentions for Android なコマンドライン一覧

半角の¥が消えるので漢字の¥に変換してます。全て解りやすいように改行を入れてあります

更新日: 2012年06月30日

0 お気に入り 1461 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nightwalkerさん

ビルド用コマンドプロンプト

@echo off
path=C:¥flex_sdk_4.6¥bin;%path%
prompt flex4$G
cmd /k

バッチファイルです
Flex SDK にパスを通しています

Android 側の Native コードのビルド

javac
-cp C:¥android¥android-sdk-windows¥platforms¥android-10¥android.jar;C:¥AdobeAIRSDK¥lib¥android¥FlashRuntimeExtensions.jar
lightbox¥ToastFunction.java
lightbox¥OpenURLFunction.java
lightbox¥AndroidExtensions.java

コマンドライン一行です

jar の作成

del ..¥jar¥ANElib.jar
jar cvf ..¥jar¥ANElib.jar lightbox¥*.class

バッチファイルです

ActionScript 側のインターフェイスのビルド( swc の作成 )

compc
+configname=airmobile
-source-path .
-output ..¥lightboxANE.swc
-include-classes lightbox.AndroidExtensions lightbox.AndroidExtensionsEvent
-swf-version 14

コマンドライン一行です
lightboxANE.swc が作成されます
【重要】Native 側と、ActionScript 側のパッケージ名は同じにする必要があります

swc を解凍して 中の library.swf を配置

del jar¥library.swf
jar xf lightboxANE.swc library.swf
move library.swf jar

バッチファイルです
プラットホーム毎に自分で配置する必要があります

ane ( 拡張用ライブラリ ) をビルド

adt
-package
-storetype pkcs12
-keystore lightbox.p12
-storepass password
-target ane lightboxANE.ane extension.xml
-swc lightboxANE.swc
-platform Android-ARM -C jar .

コマンドライン一行です
lightboxANE.ane が作成されます

Android アプリ( AIR ) 本体をビルド

mxmlc
+configname=airmobile Mainw.mxml
-library-path+=lightboxANE.ane

コマンドライン一行です
他人の作った ane を引数の仕様さえ解れば利用できます
id 等の情報は ane の拡張子を zip に変えて解凍して extension.xml を見ます

Android 用パッケージ( apk ) をビルド

adt
-package
-target apk-debug
-storetype pkcs12
-keystore lightbox.p12
-storepass password
lightbox_1.apk
Mainw.xml Mainw.swf winofsql.png
-extdir .

コマンドライン一行です
デバッグ用( apk-debug ) です。ddms が使えます
lightbox_1.apk が作成されます

( 既にある場合は )パッケージのアンインストール

adt
-uninstallApp
-platform android
-appid lightbox.androidtest

コマンドライン一行です
【重要】接続デバイスが一つであるという前提です

パッケージのインストール

adt
-installApp
-platform android
-package lightbox_1.apk

コマンドライン一行です
【重要】接続デバイスが一つであるという前提です

1 2