1. まとめトップ

GreenPost 30号- しなやかな技術研究会 2012/7/9-15日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

更新日: 2012年09月06日

0 お気に入り 7921 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

greenpostさん

[次回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/17-日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134175050991338001

p.2  ●おすすめエントリー
http://matome.naver.jp/odai/2134119626853353101?page=2
p.3 ■ニュース&トピックス 
http://matome.naver.jp/odai/2134119626853353101?page=3
p.4  ●気になる話題 ●気になるツィート
http://matome.naver.jp/odai/2134119626853353101?&page=4
p.5 ■気になるまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134119626853353101?page=5

[アーカイブ] http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/3-6日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134077929223741301

----------------------------
注:右のカラムに表示される「このまとめの関連商品」や広告は、GreenPostがえらんだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー

今週もいろいろな話題をお届けしました

1972年のローマクラブの「成長の限界」。ご存知ですか、、、、

- MIT在籍のオーストラリア人研究者のグラハム・ターナー博士は、この成長の限界をデーターから検証し、その予想が1972-2000年の現実のデーターとある程度一致したことを発見しました。そして、成長の限界”点”として2030年に人口増加がピークを打ち、それ以前に傾斜点を越えているだろうエネルギー、食料、サービス、製品製造能力などを追うように、世界経済がピークを迎え、その後は人口、経済ともに失墜、現実に成長の限界を迎えるというのです。

 そして、40年前のこの古典の新版も注目されます。

神戸製鋼所が国内初の小型温泉発電システム(バイナリー発電システム)として、大分県由布市の庄屋の館より受注したバイナリー発電システムは、最大70kWの「マイクロバイナリー MB-70H」。70℃~95℃の温水を使用する出力100kW以下クラスの小型バイナリー発電システムとしては、国内初となるものだということです。

-----image : プレスリリース / 神戸製鋼所、2012年3月27日
・国内初の小型温泉発電システム(バイナリー発電システム)を受注 より
http://www.kobelco.co.jp/releases/2012/1187300_12086.html

小さな水車とあなどるなかれ、水力は24時間発電します。福井県は、ピコ水力発電(数W~数百W程度のごく小出力の発電)推進する企画・実証プランを実施するそうです

今年、2012年は、エネルギーを考える上で大切な出来事がいくつも問題となります。そして、エネルギー政策を決める上で重要なパブリックコメントが7月末までの予定で国によりもとめられています

エネルギー政策の三択問題を解く 国の8月12日までのパブコメ対応(Naverまとめ利用)
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901

"2012/07/12「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)の御意見提出期限を8/12まで延長しました。" npu.go.jp 参考 matome.naver.jp/odai/213419105… #sentakushi #エネルギー政策

国のエネルギー政策の国民的議論といいながら、唐突、時間が短いなどいろいろと指摘のあった”選択肢”のパブコメ延長されました。とういことで、あちこちの締め切りの日付を直してます、、、、

沖縄県久米島町は、海洋深層水複合利用を行い。その中で、海洋温度差発電の実証実験に取り組むことが発表されました。実証プラントの規模は100kW前後で、2013年3月までに稼働させる予定です。

-----image : プレスリリース / ゼネシス、2012年7月10日
・沖縄県から「海洋深層水の利用高度化に向けた発電利用実証事業」を受託しました、より
http://www.xenesys.com/topics/2012/20120710.html

- アメリカでは、ロッキード社が海軍の海洋温度差発電システムを開発しています。

大和ハウス工業は、岡山県に建設した環境配慮型の新工場、岡山工場第二工場に4社、LGエレクトロニクス製(約207 kW:812枚)、多結晶型のパネルとしてシャープ製(約202 kW:840枚)、サンテックパワー製(約205 kW:840枚)、薄膜型のパネルとしてソーラーフロンティア製を導入。10月から四国電力に売電を行うとともに、さまざまなテストを行うということです。

街のあちこちに生まれる太陽光発電所 再生可能エネルギーまめ知識
http://matome.naver.jp/odai/2133845974990300501

-----image : プレスリリース / 大和ハウス工業、2012/07/10
・全量売電 太陽光発電システム816kW搭載の環境配慮型新工場 岡山工場第二工場を稼動させます、より
http://www.daiwahouse.co.jp/release/20120710085504.html

楽天ソーラー、ネット通販を窓口にした住宅用太陽光発電システムを、機器一式と標準施工費込みで34万2960円/kW(p)で販売開始

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、具体的に有機系太陽電池の特徴の早期実用化を目的とした実証プロジェクト、5つ採択し2010年代後半の実用化を目指した製品用途開拓を行うと発表しました

1 2 3 4 5