西宮市の甲山には、道路の真ん中だと言うのに岩のある箇所がある。昔から、この岩をどかそうとすると工事関係者に不幸があるので、結局岩は残ったままになっているのだが、道が完成した後も妙なことが起こるようになった。その岩のあたりに牛女が出るのだと言う。
 あるとき、バイクでやってきた人たちが、その岩を蹴ったりして騒がしく通り過ぎると、はるか遠くのほうから獣のように四つんばいになった女が追いかけてきた。彼らは全速力で逃げたのだが、次々に事故を起こし、皆亡くなったのだという。

出典うわごとのとなり

猛スピードでバイクなどを追っかけてくるタイプの「牛女」の噂。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大震災でも目撃!?災厄の前兆と言われる半人半牛の予言獣「件(くだん)」とは

半人半牛の姿をしており、ぜったいに外れることのない不吉な予言を残して死ぬという妖怪「件」に関してのまとめです。江戸時代から現代まで、人々が伝承し続けてきた「件」とは何モノなのか?

このまとめを見る