1. まとめトップ

こんなに居るの?城好き芸能人まとめ

あの人も実は城好きだった!意外と多い城好きな人達とそのエピソードをまとめてみました。

更新日: 2012年07月07日

1 お気に入り 40123 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asyahiy2kさん

昭和天皇もお城好きだった!
日本人だけでなく海外の方からも人気な天守閣好きをはじめ、
城跡・城址だけでも妄想で楽しめるディープな趣味。
探してみると、実に多くの芸能人・著名人が城好きを公言。様々な愛の形を語っています。

春風亭昇太(落語家)

「城あるきのススメ」(小学館)を執筆。
歴史エンタテインメント専門のヒストリーチャンネル(CS)では、オリジナル制作番組「日本の古城を巡る旅 戦いの城」に出演、名城と呼ばれる城(姫路、大阪、熊本)を分析し、戦う建造物として解析している。

お気に入りの城は「(静岡県の)山中城と彦根城」を挙げている。

坂東三津五郎

『三津五郎城めぐり』 三月書房
『粋な城めぐり』 角川SSC新書 (角川SSC新書)

城の本2冊を執筆。

「なぜ好きになったのかいまだに謎です。(体に)刷り込まれてきたとしか言いようがない。生まれて55年、一度も絶えることなく、また冷めることもなく、いまだにお城に行けば胸がときめき、お城にたたずむと胎内に戻ったかのような安らぎを得る。情熱が減ることもなく城への思いが続いていることに自分でもびっくりしています」

出典2012年1月13日 都内での著書「坂東三津五郎 粋な城めぐり」(角川マガジンズ)の発売記念イベントにて

藤波辰爾

「僕は仕事柄、日本中に遠征します。現地入りして、夕食までの間、3~4時間くらいは余裕がある。そこで必ず地元の城に行くんです。日本中の主な城は全部行ったと思います。不思議と落ち着くんですよね。歴史の重みですかね。この石垣の組み方はどうだとか、難しいことは考えません。突き詰めれば面白いでしょうが、僕は考えない(笑)。ただ雰囲気が好きなんです。」

出典「JAF MATE」2003年4月号

TERU(GLAYボーカル)

単なるお城好きと言いつつ、ツアー先では真っ先にお城があるかを調べる。
朝6時、7時くらいには起き、8時くらいからもうお城巡りに行く。城跡でも良い。

2008年08月29日 笑っていいともテレフォンショッキングにて

安住紳一郎(TBSアナウンサー)

自身の司会する「ぴったんこカンカン」では、熊本出身なのに熊本城を知らないヒロシに懇切丁寧な説明をし、編集カットされるという城好きぶりを発揮。

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)

熱心な城郭マニアで、写真を見ただけでどこの城か当てる事ができ、一番好きな城は犬山城である。2010年4月29日、かねてからその犬山城が一番好きだと公言していた事がきっかけで、「犬山観光特使」に任命される。また、熊本城の一口城主でもある。

例を挙げきれないけれど、この人も城好き!

坂東八十助(歌舞伎役者)
石原良純(タレント・気象予報士)
山本博(ロバート お笑い芸人)
天津木村(お笑い芸人)
豊岡真澄(アイドル)
藍川美砂(アイドル)
丸山 隆平(関ジャニ∞)
小柳ゆき(歌手)
阿部裕幸(総合格闘家)
堀内恒夫(元巨人軍監督)
岡峰光舟(THE BACK HORNベース)
Dr・高橋まこと(元BOOWY)
山本晋也(映画監督)
桐島ローランド(写真家)

1