1. まとめトップ
  2. カラダ

下半身がキュッ!お尻歩きの簡単なのに嬉しい6つの効果【ダイエット】

骨盤の歪みが気になって始めたお尻歩き、色々と嬉しい効果があることがわかったのでまとめてみました。

更新日: 2012年08月04日

KIREさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6641 お気に入り 1575904 view
お気に入り追加

■お尻歩きって?

“ おしり歩き” はその名のとおり、座ったままの状態で、おしりを交互に動かして前へ進む運動のこと

床に座って足を前に揃えて伸ばし、あとはお尻で歩くだけ!
道具も要らないのでちょっとした時間にすぐ実践できるのが嬉しいですね。

■効果1~骨盤矯正~

お尻歩きの最大のメリットは、骨盤矯正力が非常に高いことです。
なぜかというと、骨盤の上にあなたの上半身の体重が完全に乗った状態でやるので、この上半身の重みが、強い矯正力となってくれるわけです

骨盤の歪みを矯正することで体のバランスが正しい位置に戻ってさらに嬉しい効果が!

■効果2~太りにくいカラダに~

骨盤周辺の運動を一日5分から10分程度継続すると、少しずつインナーマッスルが整い代謝が改善し、「太りにくい体質」へ変化するのが骨盤ダイエットの特長

骨盤ダイエットには道具を使うものや運動せずに行うものもたくさんあります。
でもどうせならいろんなメリットが期待できるお尻歩きがオススメ!

大腰筋や腸骨筋など、身体の奥にある、深部筋と呼ばれる部分、ここが固くなったり、細くなったり(硬縮)することによって、 膝を上げるのが辛くなったり、立つ、歩くが難しくなったり・・もちろんダイエットにも不利になってしまいます

ダイエットに不利…体型を気にしてあれこれやっている人には怖い言葉ですね…。

■効果3~ウエスト・背中・お尻のシェイプアップ~

「おしり歩き(骨盤歩き)」とは、骨盤周辺の筋肉群をたっぷり使うので、ヒップ周りおよびウエストを引き締めるのに効果的なエクササイズ

実際にしばらくやってみると、普段の生活では意識しない部分を使っている感覚を覚えるので、続けると引き締め効果に期待できそう!

骨盤底筋(内臓を支える筋肉)を鍛えることで、おなかぽっこりを改善する。
腹斜筋(わき腹の筋肉)を鍛えることでウエスト周りを引き締める。
深部の筋肉を鍛えるのでなかなか落ちにくい、おしりの脂肪が燃焼しやすくなる。

■効果4~腰痛改善~

腰や背中が慢性的に痛い、重いといった症状で悩んでいる場合は、脂肪を取り除き、大腰筋や骨盤周辺の筋力アップを目指しましょう

メタボ気味で腰回りに脂肪がつきすぎて腰痛を引き起こしている場合、お尻歩きで腰回りに筋肉をつけて脂肪をすっきりさせて腰痛改善に!

■効果5~血行を良くする~

深部の筋肉を動かすことによって、血行がよくなり、冷えや肩コリの解消に効果的

お尻歩きで使う筋肉は深部の筋肉というのがポイント!
冷え性で脂肪を溜めやすくなっているカラダからおさらばするチャンスです。

■効果6~便秘解消でお腹スッキリ~

お腹の中に刺激が加わり、腸の働きが活発になる

長時間座りっぱなしなど、運動不足が原因のタイプの便秘には効果があるそうです。

■お尻歩きの方法&注意点

2、腰を前後に動かしながら、おしりで歩くように前に進む(後ろも可)

前に進んだ歩数分、後ろにお尻歩きで戻ってくるというのを1セットにするとカウントしやすくなります。
お尻歩きをやるスペースなどにあわせてやりやすい歩数やセット数を設定してみるとよさそう。
紹介サイトには「100歩」や「30分」を推奨している場合もあるので、時間と根気があればお試しを!

腕を振るスペースがなかったら、胸の前で腕を組んだ形でもOK。
ムリに腕の力で、お尻を引っ張らないようにして、自然にどうぞ。

お尻歩きの際に、両足やつま先が開かないように気をつけて下さいね

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

お菓子を食べることとダイエットが趣味。次元を問わずイケてるメンズの知識を広げるのも好きです。