1. まとめトップ

学校教育にゴリ押しされる「EM菌」のうさん臭さ

青森県の学校で「EM菌」という微生物を川の水質浄化に用いる環境教育が広がっています。県の支給により広まったEM菌ですが、「検証が不十分」「非科学的だ」との声も挙がっています。

更新日: 2012年07月04日

3 お気に入り 26931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tsukasansanさん

■「EM菌」で川の水質浄化 環境教育が青森の学校で広がる

「EM菌」という微生物を川の水質浄化に用いる環境教育が、青森県内の学校に広がっている。

県教委によると、昨年度、環境教育の一環としてEM菌を使用した小中学校は県内に7校。ほかの複数校でも使用例がある。多くは、EM菌を地域の川にまくことで「きれいになる」と教えている。

■小中校で川にEM菌を流す活動「においも少なくなってきたかも」

平成15年には,全校でEM菌について講師の方からお話を聞き,米のとぎ汁を加えて培養したものを川に流す活動をおこないました。平成16,17年には,EM菌だんごとEM菌培養液をまきに行きました。

平成18年からは,4年生の総合的な学習の活動のひとつとして,青森県土整備事務所からEM菌と糖蜜をいただいて,4年生ひとりひとりが自分のペットボトルで培養したものを沖館川に流す活動をしています。

このような活動は,沖館小学校だけではなく,沖館川の近くの小中学校でもおこなわれています。その結果,最近では,沖館川に流れているごみが少なくなり,においも少なくなってきたように思います。

■EM菌とは?「波動による効果」「放射能対策にも」

EM菌の効果について、開発者の比嘉照夫・琉球大名誉教授は「重力波と想定される波動によるもの」と主張する。製造元で普及を進めるEM研究機構(沖縄県)は「EMに含まれる微生物がリーダー的な存在となり、現場の微生物を連係させる」と環境浄化メカニズムを説明する。また、機構は「放射能対策に効果がある」とも言う。

■効果に疑問 検証不十分で教える教育に批判の声も

普及団体は独自理論に基づく効果を主張するが、科学的には効果を疑問視する報告が多い。県は、効果を十分検証しないまま、学校に無償提供して利用を後押ししている。あいまいな効果を「事実」と教える教育に、批判の声も上がっている。

「疑わしい事柄を真実と教えれば将来、生徒が疑うべきものを疑えなくなる恐れがある。本来は多様な対策が必要な環境問題を、EM菌だけで対処可能と思わせることも、思考停止につながりかねない」

長島雅裕・長崎大教育学部准教授

■Twitterでの反応

EM菌が水質浄化に働くわけないし。すこ~し、化学式を勉強してる素人でも分かるってのに、学校の先生が配られたからって言い訳だけで責任は逃れられない。教育者として、失格だな。根拠がないことを教えるのは、バカでもできる。 asahi.com/national/updat…

またまた青森の恥ずかしいところを・・。裏に金の臭いがします。または当県特有の見切り発車しちゃったか。しかしこの一連の出来事自体が良い教育材料になるんじゃないですか。これを機会に切ればよろしい:「水質浄化」EM菌効果 検証せぬまま授業 青森 t.asahi.com/7338

科学がいかに丁寧に科学的根拠を挙げて説明しても、信用できないの一言でリジェクトされてEM菌だのを信じる奴らしかいないなら、もう科学の「一般への還元」とかやめて科学者のやりたいことだけやろうよと。どうせ難題は全部EM菌やらなんやらが簡単に解決してくれるんだからさ。

うわさのEM菌。青森県では県が学校に無償で配っていたのか。検証なしで。EM菌云々って、よく見かけるので、なんだろうと思ってたけど、これはひどい。 twitpic.com/a3ldl4

「水質浄化」EM菌効果 検証せぬまま授業 青森。これ,かなり問題だな。盲信を積極的に学校で教えるなんて,地下鉄サリン事件を引き起こした人たちと似たテイストを感じます。 asahi.com/national/updat…

 EM菌の効果について、開発者の比嘉照夫・琉球大名誉教授は「重力波と想定される波動によるもの」と主張っていうけど重力波ってなにものなの????? …「水質浄化」EM菌効果 検証せぬまま授業 青森 t.asahi.com/7338

■EM菌の効果を疑問視する声

1 2





このまとめへのコメント1

1