千尋は後に、ハクから「自分の名前を忘れてしまうと帰れなくなってしまう」と忠告されます。
だから、自分の名前を間違えて書いてしまったのは、その初期症状が、すでにこの契約のシーンで現れたということなのだそうです。

出典トリビアの館 -千と千尋の神隠し- / お話@館

契約の証に自分の名前を書く千尋。
彼女の名前は「荻野千尋(おぎの ちひろ)」というのですが、実は彼女、自分の名前の「荻」という漢字を間違えて書いてしまっています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ここが知りたかった!「千と千尋の神隠し」の疑問と謎

なぜ不思議の町に迷い込んだ?カオナシの正体は?どうして最後に豚たちの中に両親がいないとわかった?など、千と千尋の神隠しのさまざまな疑問と謎に答えます。

このまとめを見る