1. まとめトップ
  2. カラダ

お腹いっぱい食べても太りにくい食材・おやつ集

ダイエット中でもお腹いっぱい食べたい!という欲求を満たしてくれる食材・おやつをまとめました。ダイエット中にはもちろん、リバウンド防止にもどうぞ!

更新日: 2017年07月14日

haraheriさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2746 お気に入り 6032041 view
お気に入り追加

「食べても食べても太らない!?」

…というのは言いすぎですが、『お腹いっぱい食べても太りにくい!』食材・食品をご紹介します。
今回は、「普段の食事に使える食材編」と、「どうしても食べたくなるおやつ編」に分類。
食材はなるべく身近なもの、おやつは手に入りやすいものでまとめました。

▼普段の食事に使える食材編

ポイントは、低糖質・高たんぱく質・食物繊維豊富・噛みごたえや充足感があること。
しかし一つの食品を大量に摂ってはいけません。栄養も偏るし、ものによっては高脂肪・高糖質になってしまうことも。お腹いっぱい食べたい時は、下記の食材を組み合わせた食事を心がけましょう!

大豆

「畑の肉」とも呼ばれている大豆は、植物性たんぱく質が多く、しかもそのアミノ酸組成が動物性たんぱく質に酷似しています。ダイエット中の「お肉を食べたい!」の気持ちを救ってくれる食材こそが大豆。

カロリーが少ないのに栄養バランスがとてもよく、脂肪の燃焼を助けてくれます。

すっかりダイエット食材として定番になった大豆。大豆を原料とした、納豆・高野豆腐・豆乳・豆腐等…すべてがおすすめです。

こんにゃく

ローカロリーで食物繊維が豊富な「 こんにゃく 」は、脂肪やコレステロールの吸収をガードすると同時に、腸に溜まった老廃物のお掃除をしてくれる食材。ダイエッターの強い味方になってくれます!

同じく定番のダイエット食材!
アク抜きが面倒な人は、一口大に切ってから、塩で揉み洗いすると楽ですよ。

ささみ

低脂肪、高たんぱく質で大変優秀なささみ。しかも安い、美味い、調理しやすい!もう、”ささみ様”とお呼びしたいくらいです!

いか・するめ

するめは、動物性のたんぱく質が豊富に含まれているわりに、カロリーが低めな食品なんです。基礎代謝量を減らさずに、ダイエットするのにぴったりな食品ということです。

同じく低脂肪、高たんぱく質で大変優秀です。なんと言っても、租借回数が増えるので満足感があります。

野菜

野菜にはダイエット中でもたくさん食べることができる栄養素、食物繊維が多く含まれている

食物繊維やビタミン類が豊富な、ダイエッター向けの食材です。ただしとうもろこしやイモ類は炭水化物が多いので、食べ過ぎには要注意!

キャベツ

食物繊維やビタミンCなどを豊富に含み、かつ100gあたり23kcalしかないキャベツ。ダイエット中には何かと重宝する食材です。

野菜の中でも、一押しなのがキャベツ。食物繊維が豊富なことと、キャベジン(ビタミンU)が胃の消化を助けてくれることがポイントです。

枝豆

枝豆は栄養価が高く、良質のたんぱく質の他、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、食物繊維などをたくさん含んでいます。満腹感があり腹持ちも良いので、ダイエットに無理なく取り入れることで、太りやすい食べ物の摂取量を減らしたりすることができます。

おつまみの定番ですが、ダイエットにもピッタリ♪
冷凍品を利用すれば、手軽に食べられます。

チーズ

脂肪を燃焼し体に溜め込ませない働きを持つ“ビタミンB2”も豊富に含んでいるので、脂肪分を摂ってはいるものの、同時にビタミンB2も摂取し脂肪の分解がスムーズに行われるので大丈夫なんです。

1 2 3 4





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

haraheriさん

ご飯を美味しく食べることに命をかけるダイエッターです。