1. まとめトップ

GreenPost 31号- しなやかな技術研究会 2012/7/17-21日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

更新日: 2012年09月06日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 6614 view
お気に入り追加

[次回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/23-日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134242750134559401

p.2 ●おすすめエントリー ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2134175050991338001?page=2
p.3  ●気になる話題 ●気になるツィート
http://matome.naver.jp/odai/2134175050991338001?&page=3
p.4  ■気になるまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134175050991338001?page=4

[アーカイブ] http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/9-15日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134119626853353101

----------------------------
注:右のカラムに表示される「このまとめの関連商品」や広告は、GreenPostがえらんだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー

新企画スタート! 浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbineの情報収集と”まとめ”

2020年までに合計18GWの洋上風力発電所の建設を推し進めようとするイギリス、新たにRace Bank (580MW)とDudgeon (560MW)の二つの大型洋上風力発電所建設を認可

参考- Offshore wind industry to slash costs by over 30% in next seven years
-----UK, Department of Energy and Climate Change,13 JUNE 2012
http://www.decc.gov.uk/en/content/cms/news/pn12_074/pn12_074.aspx

英国:向こう7年間で洋上風力発電コスト3割以上削減を目指す-日刊 温暖化新聞 daily-ondanka.com/news/2012/2012… "英国エネルギー・気候変動省..1MWh当たりのコストが、現在の140ポンドから2020年までには100ポンドに.." #renewuk #renewwind

日立製作所は、国内で開発研究が急がれている洋上風力発電所の建設に対応して、5MW級ダウンウィンド洋上風力発電システムの開発に着手すると発表

-----image : 日立の自然エネルギー事業
- 2000kW風力発電システム より
http://www.hitachi.co.jp/environment/showcase/solution/energy/wind_velocity.html

日立製作所、5MWクラスのダウンウィンド型洋上風力発電システムの開発を開始-----再生可能エネルギー ameblo.jp/greenpost-jp/e… #renewwind #renewjapan #offshore #hitachi pic.twitter.com/gp5j4oyg

ソーラーフロンティアとカナディアンソーラーが、個人や商店、農家が取り組める、太陽光発電システム、50kWp規模のセットを販売開始します。未利用な土地を持つ人が、なんと本格的な発電ビジネスに参入できます。

世界最大の風力発電機をこの風力発電機をラジコンヘリで空撮したビデオクリップ!

この風力発電機は、ドイツの五大風力発電機メーカーの一つの Enercon製の E-126です。定格出力は、7.5MW、ハブまでの高さは、135 m。回転翼の直径は、127mです。

地震への関心の高まりは3.11以降飛躍的に高まりました。この地震付列島の上でいかに暮らすのか? よくよく考えていきたいと思います。これから防災科研の3種類の地震計を用いた地震観測網のデーターを地震観測網ポータル使ってみます

- 中央防災会議が「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ中間報告」及び「首都直下地震対策検討ワーキンググループ中間報告」を発表しました。これらの地震が、日本の安全保障上の最大の問題となる大きな理由の一つが原子力発電です。国会事故調の指摘、人災の意味は、3.11の最大の問題は、震災に対する総合的かつ複合的な対処が、地震国日本でおろそかにされていた点だと思います。
 この点については、これから見直しが始まるのです。原子力発電が、エネルギー問題としての側面以前に、この複合的な国家的な災厄にどう立ち向かうのか、政府、官庁、そして電力会社、関連事業者、そして産業界は、応える必要があります。

[平成24年07月19日公表] 中央防災会議 防災対策推進検討会議「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ中間報告」及び「首都直下地震対策検討ワーキンググループ中間報告」の公表について
http://www.bousai.go.jp/index.html

「国難」への備え求める 巨大地震対策中間報告 財源や政治判断など課題---日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXNAS… "..中央防災会議は19日、当面取り組むべき応急対策を公表..政府の防災力が問われている.." #地震 #防災 #jishin #politicsjp

資源エネルギー庁のサイトのニューコンテンツ、再生可能エネルギー 再エネマップ。ちょっと貧相かも。それが最エネの今のところの実力?

へーベルハウスのラインナップに、電気自動車と住まいの間で電気エネルギーを融通し合うV2H(ビークルトゥホーム)システムとエネルギー消費の見える化を行い将来的には家庭内のエネルギー管理全般を担うことが期待されるHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)機器を導入すると発表しました。

- 日産自動車は、福岡県、佐賀県、北九州市、大阪府及び大阪市と共同で節電対策を実施する。
http://www2.nissan-zeroemission.com/JP/NEWS/

日産自動車、福岡県と共同で節電対策を実施 ~100%電気自動車「日産リーフ」と電力供給システム"LEAF to Home"を無償提供 nissan-global.com/JP/NEWS/2012/_… 関連 setsuden-leaf.jp/fukuoka/ #ev #v2h #leaf #energysaving

気象庁は、九州をのぞく、四国、中国、近畿、東海、関東甲信で7月17日、梅雨明けを速報として伝えました。

安全で、楽しい、強い省エネを実行しましょう! 2012年省エネの夏

1 2 3 4





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。