1. まとめトップ

飲めない人のためのノンアルコールカクテルレシピまとめ

お酒が飲めない人でもノンアルコールカクテルならばお酒っぽい名前なので雰囲気を壊さずに楽しく飲むことができますよ。妊娠中の方や休肝日の方にもノンアルコールカクテルはオススメです!

更新日: 2016年06月17日

589 お気に入り 545733 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アップルフレーズル

アップルフレーズルの材料
・アップルジュース
・シュガーシロップ
・フレッシュレモンジュース
・ソーダ

さっぱりとしたアップルサイダーといった感じのノンアルコールカクテルです。
100%果汁のアップルジュースとサイダーだけでも再現できるのでご自宅でも作ることは簡単です。
ご自分で作るときに炭酸水(ソーダ)ではなくサイダーを使うときにはシュガーシロップを使わないか少なくするとさっぱりとしたリンゴの美味しさを味わえます。

バージンブリーズ

バージンブリーズの材料
・クランベリージュース
・グレープフルーツジュース

日本語にしたら初めてのそよ風とでもいいましょうか。その名のとおり爽やかでそよ風が吹き抜けるようなノンアルコールカクテルです。じめじめした暑い日に飲むとすっきりしますよ。
これにウォッカを入れるとシーブリーズというカクテルになりますがこっちも美味しくておすすめ!

コンクラーベ

コンクラーベの材料
・オレンジジュース
・牛乳
・フランボワーズシロップ

コンクラーベというのはローマ法皇を選出する選挙会議のことです。しかし、なぜこの名前なのかはっきりとした由来は不明なようです。
クリーミーでおいしいノンアルコールカクテルですよ!

シンデレラ

シンデレラの材料
・レモンジュース
・オレンジジュース
・パイナップルジュース

名前の由来はあのシンデレラから。ノンアルコールカクテルだってシェークするんです。カクテルを飲んでいる雰囲気を出せますね。材料からもわかるかもしれませんが結構甘口なのです。しかしレモンの酸味が苦手な人はレモンジュースを少なめにしてもらうといいかも

サマー・デライト

サマー・デライトの材料
・ライムジュース
・グレナデン・シロップ
・シュガーシロップ
・炭酸水

名前の由来は「夏の喜び」。その名のとおり暑い夏でもすっきりと飲めるノンアルコールカクテルです。ビーチやイベント会場などの野外で飲みたいですね!

シャーリー・テンプル

シャーリー・テンプルの材料
・レモン
・ライム
・ソーダ
・グレナデン・シロップ

このノンカクテルの名前は1930年代のアメリカの有名子役の「シャーリー・テンプル」にちなんで名づけられました。甘くさっぱりしている飲みやすいドリンクです。
ちなみに、なぜか京都ではノンアルコールではない形で飲まれているので注意が必要です。

フロリダ

フロリダの材料
・オレンジジュース
・レモンジュース
・アンゴスチュラ・ビターズ
・シュガーシロップ

1920年のアメリカ禁酒法時代に誕生したノンアルコールカクテルです。フロリダ州はオレンジとレモンの産地としても有名で、このノンアルコールカクテルにはオレンジとレモンの果汁を使っています。ビタミンCも豊富なのがうれしいです。

プッシーキャット

プッシーキャットの材料
・オレンジジュース
・パイナップルジュース
・グレープフルーツジュース
・グレナデン・シロップ

「かわいい猫」という意味のノンアルコールカクテルです。フルーツたっぷりのノンアルコールカクテルでフレッシュな味わいが特徴なのでお酒が飲める人でも気分転換に飲んでみるのもオススメなノンアルコールです。

ヴァージン・ピニャ・コラーダ

ヴァージン・ピニャ・コラーダの材料
・パイナップルジュース
・ココナッツジュース

ピニャ・コラーダとはスペイン語で「裏ごししたパイナップル」の意味のノンアルコールカクテルです。バリエーションとして1970年代にニューヨークで流行したフローズンスタイルのものもあります。ちなみに、ヴァージン・ピニャ・コラーダにラムを加えるとピニャ・コラーダというアルコール入りのカクテルになります。注文するときは間違えないように注意!

1