1. まとめトップ

エネルギー政策の三択問題を解く 国の8月12日までのパブコメ対応

政府は、2012年6月29日に開催されたエネルギー・環境会議を受けて、平成 24 年8月12日(日)18:00までの期間「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見を募集(パブリックコメント)すると発表しました。そして、まとまった内容では、ゼロを選択する人の多さが目立つ結果となりました。

更新日: 2013年02月20日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 11085 view
お気に入り追加

■2012/9/14 政府は「革新的エネルギー・環境戦略」を発表しました

新エネ戦略 原発ゼロ事実上見直し 閣議決定を見送りへ--MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/life/news/1209… "..閣議では今後の大まかな対応方針のみを決め、戦略本体は参考文書にとどめる方針を固めた.." #sentakushi #エネルギー政策 #politicsjp

ところがどっこい、、、。自ら反故に

エネルギー・環境会議(第14回)配布資料 革新的エネルギー・環境戦略(案) 平成24年9月14日(金)16:30~ npu.go.jp/policy/policy0… "第一の柱は、「原発に依存しない社会の一日も早い実現」" #sentakushi #エネルギー政策 #politicsjp

革新的エネルギー・環境戦略(平成24年9月14日エネルギー・環境会議決定)npu.go.jp/policy/policy0… [PDF資料はここからダウンロードできます] #sentakushi #エネルギー政策 #politicsjp

・政府は「革新的エネルギー・環境戦略」を(決定し)発表しました-----ソフトエネルギー、2012/9/14
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/09/post-c198.html

・政府は「革新的エネルギー・環境戦略」を発表しましたが、、え! 「参考文書」に降格ってどういうこと!?-----ソフトエネルギー、2012/9/19
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/09/post-1176.html

 今後の経過は、以下のエントリーをご覧ください。
・2012/9/14 政府は「革新的エネルギー・環境戦略」を発表 再生可能エネルギー豆知識
http://matome.naver.jp/odai/2134796075857464801

以下は、決定までの経過の当初の内容
------------------------------

●パブコメの締め切りは :平成 24 年8月 12 日(日)18:00 (必着)でした。みなさんは出しましたか?

 パブコメ出しました。未確認ですが5万通以上(有効総数88,280件。即ゼロと段階的ゼロを加えた”ゼロ”は87%)との話です。おそらくゼロ選択がかなり多いようです。どのような結論を出すのか、その国民的議論への評価も含めて気になるところですね。

・原発の意見公募に8万件超 政府、検証へ専門家会合-----47News,2012/08/13
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012081301001968.html
”.....意見は10日時点で約5万件だったが、締め切りの12日にかけて大幅に増え、世論の関心の高さを示した。意見集約は時間がかかるとみられ、エネルギー・環境戦略の策定は予定した8月中から9月以降にずれ込む見通しだ。.....”

関連
・エネルギー政策の三択問題を解く 国の7月31日までのパブコメ対応-----ソフトエネルギー、2012/07/12
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/07/31-1179.html

・国家戦略室、次代のエネルギー政策案「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメントの募集を開始----ソフトエネルギー、2012/07/03
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/07/post-beb8.html

p.2
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=2
p.3  
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=3
p.4 
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=4
p.5
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=5
p.6
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=6
p.7 ■関連エントリー ■資料 ■参考
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=7
p.8
http://matome.naver.jp/odai/2134191056602766901?page=8

■はじめに

あまりにも短い、議論に許された時間。野田内閣の”手”にいつも握られているのは、タイマーのようです。これで、次期エネルギー政策が決まります。決められてしまいます。国民の信頼、信託も関係なしです。
 議論というには、あまりにも短く、それもいきなり強調されたのが、三択です。

 こうなれば、
 ゼロ%、0%を選択し。思いのたけを欄外にぶつける作戦がいいと思います。

 三択はあまりにも大根切りです。しかし、三択以外の回答は、その他にすべて分類されるという可能性が高いです。そこであくまでもゼロを選び、簡潔に付記としてエネルギー政策に対する思いをぶちまけるつもりです。

 こんな記事がありました。

・選択肢から抜け落ち  原発比率本来5%-----東京新聞、2012/7/10
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012071002000127.html
"政府が「四十年廃炉」と「安全かつ必要な場合のみ再稼働」という二つの約束を守るなら、5%以下という選択肢があって当然なのだが…。"

 安全、安心、寿命を考えると実際に選択できる原子力の枠はごくごく限られているという当然の指摘です。エネルギーの確保という視点から、エネルギー調達懸念はずっとこの国を悩ませる問題です。したがって、”原発ゼロとは大人は言えない”のです。
 資源のないこの国で脱原発は困難で新たな課題を突きつけられる大問題です。しかし、そもそも原子力政策は行くも地獄、ひくも地獄の地震国日本が選択するべきでなかった技術ではないのかということがあります。今、慎重に考える必要があります。

 そして、大飯再稼動の手管を考えてください。不十分な安全体制、破砕帯の調査もせず、国会事故調が指摘する問題点を採用するかもわからない、これまでの原子力帝国体制維持の大枠ができあがりつつあるかのようです。

 ここで15%を選択すると、再処理に無駄金を使い、炉の寿命も延長、新設もありうるという状況しかありません。

 原発の安全・安心が確保できれば、再稼働や原子力も選択すべしという人も、3.11で明らかになった地震付き国家における、複合・総合安全保障体制の確保という課題を考慮し、それがぜんぜん満たされていないことを是非考慮してください。 

 グリーン・ポスト しなやかな技術研究会

■国家戦略室 話そう”エネルギーと環境の未来”キャンペーンを受けて

話そう”エネルギーと環境の未来”-----国家戦略室 sentakushi.go.jp 関連 エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会 kokumingiron.jp #sentakushi #エネルギー政策 #kokumingiron #politicsjp

*見てみよう。国家戦略室の”選択肢”サイトを

意見の集約は、今月末までのパブリックコメントとして募集されています。

今回の”国民的議論”とは、

1.国家戦略室のホームページに分かりやすいデータベースを構築し、議論のための材料を提供(7/7アップ)
特設ページ http://www.sentakushi.go.jp/ サイト「話そう”エネルギーと環境の未来”」

2.全国11カ所で国民が意見を表明する意見聴取会の開催(7月14日~8月上旬)
意見聴取会 http://kokumingiron.jp/ エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会

録画-全国11カ所で開催。終了
埼玉 意見聴取会 7/14 (土)【さいたま会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24016746
仙台 意見聴取会 7/15 (日)【仙台会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24002852
名古屋 意見聴取会 7/16 (月)【名古屋会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24030483
大阪 意見聴取会 7/22 (日)【大阪会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24161493
意見聴取会 7/22 (日)【札幌会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24171597
意見聴取会 7/28 (土)【富山会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24296307
意見聴取会 7/29 (日)【広島会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24321339
意見聴取会 7/29(日)【沖縄会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24321169
福島県民の意見を聴く会 8/1(水) #1
http://www.ustream.tv/recorded/24391019
福島県民の意見を聴く会 8/1(水) #2
http://www.ustream.tv/recorded/24392350
意見聴取会 8/4 (土)【高松会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24464340
http://www.ustream.tv/recorded/24456173
意見聴取会 8/4 (土)【福岡会場】
http://www.ustream.tv/recorded/24471975
意見聴取会 8/4(土)【福岡会場】#2
http://www.ustream.tv/recorded/24458210

3.パブリックコメントの募集(8月12日まで)
特設ページ http://www.sentakushi.go.jp/
または、(エネルギー・環境会議 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html )

4.討論型世論調査の実施(8月前半) 
https://www.kokumingiron.jp/dp/
”今実施している討論型世論調査は、無作為抽出による「電話世論調査」(全国20歳以上の男女3,000名余りを対象予定、7月上旬~中旬)と、 その回答者の中から200~300名が参加する、2日間の「討論フォーラム」(8月4日、5日)で構成されます。
調査は、①電話世論調査②討論前アンケート③討論後アンケートの合計3回実施し、熟慮された意見の推移をまとめます。
調査結果は、討論フォーラム後、早期に報告・発表する予定です。
.......... ”

(エネルギー・環境に関する選択肢〔概要〕平 成 2 4 年 7 月国 家 戦 略 室 PDF資料
http://www.kokumingiron.jp/document.pdf )

 以上の4つがあがっているが、いずれも時間が異常に短い。国民的な議論とはいいがたい進行と内容だ。

-国家戦略室のサイトで公開されはじめた、パブリックコメントと意見聴取会のアンケート
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive11.html

-菅前総理・市民団体ほかとの面会-----首相官邸、平成24年8月22日
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/20120822menkai.html

-国民的議論に関する検証会合
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive12.html
第1回会合 8/22 議事次第 配布資料 動画
LIVE iwakamiyasumi IWJ7 
http://www.ustream.tv/channel/iwj7
第2回会合 8/27日議事次第 配布資料
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive12_02.html
動画
http://t.co/zll3Ylq2
第3回会合 8/28日議事次第 配布資料
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive12_03.html

-エネルギー・環境会議
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html
平成24年9月4日 第13回 議事次第 配布資料
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01_13.html

■エネルギー政策の決められ方

わが国のエネルギー政策をさだめているエネルギー基本計画は、2003年10月に策定されました。その後、2007年3月に第1次改定、2010年には第2次改定が行われています。最新版は、この2010年の6月18日に閣議決定されたものとなります。

・エネルギー基本計画本文(PDF形式:309KB)
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004657/energy.pdf

2012年の見直しは、当初から大きな見直しが予定されてきましたが、2011年3月11日の東日本大震災と大津波による、福島第一原子力発電所の過酷事故と現在も続く核汚染の実態を受けて、菅首相が原発推進路線を見直し、白紙からの検討を行うという表明をしたことから、さらに重要なものになりました。

国はこれまでに何度か下ごしらえともいえるリサーチ的な意見の募集を行っています。

・新しいエネルギー基本計画に向けたご意見を募集します-----資源エネルギー庁(平成23年10月27日-平成24年6月10日)
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/ikenbosyu.htm

・国民の皆様からのご意見募集について-----内閣府原子力委員会(平成 22 年 12 月 21 日より、原子力政策のあり方に関する検討に向け)
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/sakutei/siryo/sakutei6/index.htm
”資料第3号原子力政策に対する国民の皆様からの意見募集結果について(PDF:2.1 MB)”

次期エネルギー政策をめぐる議論は、資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会などで行われ、現在の国家戦略室での最終とりまとめへと進んできました。しかし、パブコメ告知が6・29で、ホームページの立ち上げが7・7で、パブコメの締め切りは7月末日(8月12日に延長されました)です。

 実質3週間で国民の議論と聴取を終え、8月末には内閣によって閣議決定されます。

■三択からの自由。でも三択なのよね

本来、三択なぞで国のエネルギー政策の議論なぞできるわけがない、それもたった3週間( http://www.sentakushi.go.jp/ がオープンしたのは7/7、衆知は週明け)で、、、、
 でてきた三択は、

http://www.sentakushi.go.jp/scenario/

 0シナリオ
 15シナリオ
 20~25シナリオ

 そして添えらえたコメントは、「政府は、この3つのシナリオに関して国民的議論を開始し、その上でエネルギー選択及びそれと表裏一体の地球温暖化国内対策に関して責任をもって結論を出す。」

 とあります。大飯原子力発電所の再稼働では、政治判断を”拙速に決定”してみせた手腕を考えれば、国民の議論なぞ、意に介していないのは明らかです。本当の国民的議論というなら、3週間で三択はありえない。茶番なのだ。おそらく、15シナリオを選択する”胎”だろう。

 だから、このサイトに書かれている資料は読んでもいいが、資料の先にある結論ではなく、あくまでも現野田政治の”政治的な決断”の先にあると考え、この半年彼らがどんな政治を行ってきたかが、ここで問われるべきなのです。重大なエネルギー政策がこんな、中途半端な内閣の状況により左右されることこそ、最大の悲劇なのです。

 強調しますが、現政権は”無風”なら15シナリオを選ぶでしょう。

 実際、ホームページの”情報”だけで選ぶと15シナリオは”中庸として”支持されやすいのではと、いう話もあります。

・原発割合 「15%程度」の回答最多-----NHK、7月10日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120710/k10013464801000.html
”.....東日本大震災の前の年には、国内の電力のおよそ26%をまかなっていた原子力発電について、18年後の2030年の時点で望ましいと考える割合を、政府が示している3つの選択肢の中から選んでもらったところ、「0%」と答えた人が34%、「15%程度」が40%、「20%から25%程度」が12%でした。.....”


 20~25シナリオは、だれも実現できるとは考えないような当てがめなので、無視していい。これ以上の数字を言う人間は、3.11から何も学ばなかった、学ぶ気がない愚か者です。

 資源のない日本ということで、今年の電力不足も念頭に、急激な原発ゼロは無理だろうと考える人も多いようです。そうした人は15シナリオを選ぶ傾向が強いかもしれません。だが、そうした人も原発の安全・安心を確保できるという前提が満たされていればこその話と考えています。国民の大きなコンセンサスは、3.11を経て、優先すべきは安全と安心だということです。

 大事なところです。野田政権は、原子力発電の安全・安心を担保できません。

 だから、原発から暫時撤退として野田政権のいう「脱原発依存」を選択する意味で、15シナリオを選ぶ人も、よくよく、今の野田政権の姿を評価した上で、この不幸な三択を熟慮してください。

 ただ、エネルギー政策を選ぶ議論なら、時間をかけ国民のコンセンサス、、、、、そんなことはこの国では一度も実現していないのです。それができれば、それだけで革命的なのです。だから、この機会に参加することが結果がどうあれ必要だと考えます。

 私は、ゼロを選び。この拙速さ、姑息さを指摘する文章などを付記するつもりです。
 (だれも読まないだろうけど、、、ぼそ、、、)

■三択を解くためのオルタナティブな資料や情報

・パブコメで未来を変えよう
http://publiccomment.wordpress.com/

・【eシフト声明】 原発ゼロシナリオ+省エネ/再エネ強化で持続可能な社会を-----eシフト:脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会、2012年7月6日
http://e-shift.org/?p=2119#more-2119
- 「国民的議論」で決める原発・エネルギー政策!パブコメをだそう
http://e-shift.org/?p=2131
"選択肢ガイドブック 4 " 必読

・【プレスリリース】eシフト声明|原発ゼロシナリオ+省エネ/再エネ強化で強化で持続可能な社会を-----環境エネルギー政策研究所、2012年7月10日
http://www.isep.or.jp/news/3395
- 【特集】新しいエネルギ―政策の選択肢-----環境エネルギー政策研究所、2012年7月12日
http://www.isep.or.jp/library/3413

・意見を出そう。~エネルギーと気候変動の持続可能な未来へ~-----気候ネットワーク、
http://www.kikonet.org/iken/energy_choice.html
”気候ネットワークのパブリックコメント提出意見(2012年7月11日提出)”

・再稼働反対な貴方へ 国が意見を募集していますので送りましょう...-----グリーンピース ジャパン、2012/7/10
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/41225/
- 8月に原発温存方針発表?! ここが変だよ、政府案
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/8-3/blog/41305/

・緊急セミナーを開催!政府のエネルギー・環境に関する「選択肢」を問う-----WWF Japan
http://www.wwf.or.jp/activities/2012/07/1073206.html
”2012年7月2日のイベントは終了したが、情報あり”

・国家戦略室、次代のエネルギー政策案「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメントの募集を開始-----ソフトエネルギー、2012/7/3
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/07/post-beb8.html
”政府は、2012年6月29日に開催されたエネルギー・環境会議を受けて、平成 24 年7月 31 日(火)18:00までの期間「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見を募集(パブリックコメント)すると発表しました。”

・「革新的エネルギー・環境戦略の策定に向けた国民的議論の推進事業」の問題点について【概要版】
http://fox231.hucc.hokudai.ac.jp/opinion/index.php?Top

その他 検討に時間のある人向け

*三択に勝手にまとめられる前の議論の記録はここ。(ここでの議論は重要だが、その後の三択も含めた周知と”国民的議論”は、あまりにもおそまつ)
・資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/index.htm


・報告書ダウンロードサイトを追加しました。 -----国会事故調(福一の過酷事故の全貌)
http://www.naiic.jp/blog/2012/07/06/reportdl2/

■情報追加/ツィッター、記事、動画など

2/20院内集会 エネルギー・環境「国民的議論」の意味  コメ-2012年夏の「国民的議論」を見直す内容のイベントが本日行われ、その資料が公開されています。 #nuclear #energy #japan #renewjapan #politicsjp #エネルギー政策

【IWJ・UST】2月20日11:00~ Ch4にて「院内集会 エネルギー・環境『国民的議論』の意味」を中継します。 Ch4→ ( #iwakamiyasumi4 live at bit.ly/dJmW7W ) fb.me/BhghdO16

コメ-昨年の民主党の国民的議論から半年以上を経過した今。自民党がエネルギー政策をゼロから見直すとの方針を打ち出す中、あの議論を再考する動きが始まっている。

国家戦略室、廃止へ 「間違った政治主導」払拭-MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/politics/news/… "..自民党は17日、民主党政権が設置した「国家戦略室」を、新政権発足後、廃止・改組する方針を固めた..休止状態にあった「経済財政諮問会議」を本格起動." #エネルギー戦略

1 2 3 4 5 6 7 8





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。