おととし12月に食道がんと診断されて所長を退任しその後、去年7月には脳出血の緊急手術を受け療養生活を続けていました。

出典東電 吉田昌郎元所長が死去 NHKニュース

「事故直後の1週間は死ぬだろうと思ったことが数度あった。1号機や3号機が水素爆発したときや2号機に注水ができないときは終わりかなと思った」と当時の思いを語っていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

放射能で人々に出る体調不良(福島エイズ)

⑤福島エイズ④情報統制の現状③福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖②福島の子ども被ばく量を政府が隠蔽①福島の放射能で573人が死亡

このまとめを見る