事故発生から退任までに吉田元所長が浴びた放射線量はおよそ70ミリシーベルトで、東京電力はこれまで、「被ばくが原因で食道がんを発症するまでには少なくとも5年かかるので、事故による被ばくが影響した可能性は極めて低い」と説明

出典東電 吉田昌郎元所長が死去 NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

放射能で人々に出る体調不良(福島エイズ)

⑤福島エイズ④情報統制の現状③福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖②福島の子ども被ばく量を政府が隠蔽①福島の放射能で573人が死亡

このまとめを見る