1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【一度は食べたい!!】塩ラーメン22選 ☆東京23区編☆

ラーメンの中で本当に難しいと言われている「塩ラーメン」。塩ラーメンはタレが薄いのでスープの味がダイレクトに伝わり、塩ダレ自体の旨みを出すのも難しい。。。そんな塩ラーメンが美味しい!と言われている東京・23区内のラーメン店をまとめていきます。

更新日: 2018年06月19日

901 お気に入り 489910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ysengaさん

まとめるにあたって...

東京・23区内のタレで塩を使っているラーメンで
「食べて美味しかった!」「あの店、いいかも!」「オススメ!」
と聞いたお店を、実際にお店に伺ってきたので、ココにまとめます。

ぜひ、皆さんの参考になればと思います!

もしよろしければ、こちらもどうぞ↓↓
●【一度は食べたい!!】 煮干しラーメン10選 ☆東京23区編☆
http://matome.naver.jp/odai/2143018028785356801

●【一度は食べたい!!】 淡麗系醬油ラーメン15選 ☆東京23区編☆
http://matome.naver.jp/odai/2144298571610154401

●【一度は食べたい!!】 醤油ラーメン17選 ☆東京23区編☆
http://matome.naver.jp/odai/2140848714537954201

●【一度は食べたい!!】 味噌ラーメン10選 ☆東京23区編☆
http://matome.naver.jp/odai/2142620354036217101

国内外6種類の塩をブレンドした塩ダレを使用した『塩そば』は店主が得意とする一品。塩だれは海・山・湖と、塩の種類を全て使用し旨み、苦味、塩味それぞれの特徴を生かしている。
ハルユタカ全粒粉、ゆめちからを中心に国産小麦をブレンドした麺。軽くウェブがかかった中太麺は香り、コシを楽しむ事ができる。
豚のロースを特製のたれに2日間じっくり漬け込み香ばしく焼き上げ、低温で調理されたチャーシュー。

・JR山手線・京浜東北線・総武線『秋葉原駅』昭和通り口より徒歩7分。
http://y-senga.com/kuroki2/

牛骨を主軸に牛食材を使用。
牛骨と羅臼、利尻、日高、真昆布の4種類の昆布や、魚介、香味野菜など30種類の食材をじっくり煮込んだスープ。モンゴル産の岩塩を合わせて味を引き出し、昆布出汁を強めに、繊細でありながらパンチがある。
麺は三河屋製麺の全粒粉のストレート細麺。
ローストビーフは塩と胡椒のみで味付けされ、ローストビーフの下には塩カルビがトッピングされている。

・JR常磐線・東京メトロ日比谷線・東武スカイツリー線『北千住駅』北口より徒歩3分。
http://y-senga.com/matadorl/

豚足、豚肉などを炊き上げた豚清湯。乾物で取った和風出汁。そして大量の蛤で取ったスープのトリプルスープ。
塩漬けラード、白トリュフオイルが加わり、味のアクセントに。
全粒粉入りの中細ストレート麺。
麺肌滑らかで、しなやかなでスープに良く馴染みます。
ムチムチ弾力のある豚チャーシュー。噛む毎にお肉からの旨味がジュワーと湧き出ます。
トッピングの真ん中の白いのがイタリア産塩漬けラード。香りとコク、深みがとても贅沢な気持ちになります。

・京王電鉄京王新線「幡ヶ谷駅」北口より徒歩3分。
http://y-senga.com/konjiki-hototogisu/

(リニューアルされる前の情報です。また2017年6月頭〜中旬頃に新塩Sobaがリリースされるとの情報もあります。)

たっぷりの浅利、真鯛などで炊いた清湯スープに、沖縄の海塩と内モンゴルの岩塩をブレンドしたタレを使用。
独特の香りを持つ高級スペイン産の燻製オリーブオイルを加えている。自家製の細麺はほんのり小麦の香りが漂い、口当たりもとても良い。
大きくて肉厚な低温調理された肩ロースのチャーシュー。
丸鶏スープに焼豚を漬け込んだ。

・JR山手線「巣鴨駅」より徒歩1分。
http://y-senga.com/tsuta2/

旨味成分が豊富な筑波産の茜鶏を煮込んだ鶏白湯と、桜海老や煮干が香り立つ魚介系を合わせた、まろやかなスープ。
鶏の深みのある味わいと、芳醇な魚介の香りが楽しめる。
鶏油、ホタテ油がより極上のあっさりした一杯へと仕上がっている。
自家製のストレート細麺は加水率の高いモチモチ食感で喉越しも素晴らしい。
しっとりなめらかな鶏ムネ肉と真空低温調理された豚肩ロースのチャーシュー。
ほのかな甘みも漂うほうれん草。
シャキシャキしとした白髪ネギとコリコリとしたメンマ。
文句ナシの半熟加減の味玉!

・JR総武本線「新小岩駅」北口より徒歩3分。
http://y-senga.com/itto2/

入荷する魚が毎日異なり、新鮮な魚のアラを一度火で炙って、丹念に炊き上げた出汁を作って提供している。
頂いた日のスープは真鯛、平政、平目、鮭、穴子の5種のアラアラを使用。魚介の旨みがどっと口の中に押し寄せる。
二種類の小麦粉をブレンドし炭で浄化した水で練った特注の細麺。
鱈のすり身に海老を練り込んだつみれ。
細かく叩いた軟骨を散りばめた鶏つくね。
美しいスープに味の変化をもたらす白髪ねぎ、みょうが、針しょうが、大葉、糸唐辛子の五種類の薬味。

・JR山手線「新宿駅」東南口より徒歩30秒。
http://y-senga.com/kaijin/

国産鶏のムネ挽肉およびモモ挽肉を使用したスープにヒマラヤ岩塩などを使用した塩タレ。
国産小麦「はるゆたか」などを使用した細麺。
2種類の鶏のチャーシューは1つが胸肉でしっとり軟らかで薄い塩味。
もう1つはモモ肉で醤油味でしっかり目の味付け。燻製されて香ばしい。

・西武池袋線『江古田駅』より徒歩6分。
http://y-senga.com/kintoki/

ドーンとでかい焼豚のインパクトと淡麗スープの美しいバランス。
鶏と魚介の風味がふんわりきいたスープ。すりおろされた柚子がスープの最後の一口までさわやかさを感じます。
若干ウェブかかった細麺。喉越し抜群でスープとの相性よし。
存在感抜群!肉厚でカナリ大きいバラ肉焼豚。ホロホロと崩れるやわらかさでスープとの相性を考慮し薄味に仕上がってます。
三つ葉とメンマはこの一杯にベストマッチ。
半熟のとろりとした黄身と薄い味付けがまろやか。

・JR山手線「有楽町駅」より徒歩3分。
http://y-senga.com/hyottoko/

吉備黒鶏のガラ、カットした丸鶏を6時間弱弱火で煮出し、野菜、鶏ひき肉、焼きアゴの順で加える。
鶏ひき肉は、鶏特有の臭みを押さえて旨みを引き出すため、白ワインをふりかけなじませている。
麺は全粒粉入り細ストレート麺はパツンパツンと切れるような低加水タイプ。
チャーシューは素材の旨味を重視した柔らかい仕上がり。
色白の細切りメンマは歯ごたえの良いコリコリ食感。

・JR山手線「池袋駅」西口より徒歩10分。
http://y-senga.com/hululu/

鶏の旨みをとことん引き立てた香りのよいスープ。
魚介の出汁を加えて仕上げていく。心の味食品の国産小麦を使用した特注細麺。ツルり、モッチリで歯ごたえ抜群。
低温調理の豚の肩ロース肉のチャーシュー。バラチャーシューは3時間程柔らかに煮て、タレにつけたもの。水菜のアクセントと細めにカットされたメンマのコリコリ歯応え良し。ほのかなブランデーの香りが鼻先をくすぐる味玉。

・JR京浜東北線「東十条駅」南口より徒歩5分。
http://y-senga.com/honda/

長崎県平戸近海の新鮮なトビウオを職人により伝統の技術で炭火焼きした焼きあごをスープと香味油に使用している。
長崎県平戸近海のトビウオ(別名:アゴ)を炭火焼きで仕上げ、数種類の節系素材と共に作られた魚介系と国産豚のゲンコツを炊いた動物系のダブルスープ。
麺は多加水の平打ち縮れの中細麺。
チャーシューは国産の豚バラを使用。

・『新宿駅』東口から徒歩5分。
http://y-senga.com/takahashi/

透明度が高いスープは、丸鶏ベースに数種類の節と昆布、関あじの魚醤を使用。
京都の製麺所「麺屋棣鄂」で開発された希少な国産小麦「はるゆたか」を独自に配合したオリジナルの細麺。
チャーシューは喜多方ラーメンのような豚バラを使用している。

・東京メトロ東西線『東陽町駅』4番出口より徒歩1分。
http://y-senga.com/yamaguchi2/

鶏主体のスープは20種類以上の食材を使用している。
内モンゴル産の岩塩や日高昆布などの乾物から作られた塩ダレが繊細な香りと重厚な深みを実現している。
4種類の国産小麦に2種の全粒粉を配合した自家製の細ストレート麺。
チャーシューは真空低温調理タイプの肩ロースとバラ肉のチャーシュー。

・JR山手線『大塚駅』南口より徒歩6分。
http://y-senga.com/nakiryu2/

愛媛・宇和島産の朝絞め真鯛が当日に直送されている。
身の付いたアラのみを丁寧に煮出し高級魚ならではの上品なコクを存分に堪能できる。
細麺は信州産など数種の小麦を配合し作られている。
チャーシューは低温調理された豚ロースを使用。

・J都営地下鉄新宿線『曙橋駅』A1出口より徒歩3分。
http://y-senga.com/toka/

毎朝、捌き立ての、鮮度のいい大山地鶏ガラをメインに様々な香味野菜と数種の乾物を加え、イタリア産岩塩の味ダレで整えたスープ。
北海道小麦と全粒粉などを配合した加水率高めの平打ち細麺。つるつるプリプリの食感。
ちょっと甘めな淡白な味わいが程よいモモ肉の鶏チャーシュー。
カボチャ、揚げ茄子、トマトと一手間加えられた季節感ある野菜がたくさんあって嬉しい。
鶏ムネ肉のそぼろ、ほどよい歯ごたえのメンマ。

・京王井の頭線、小田急小田原線「下北沢駅」より徒歩4分。
http://y-senga.com/sault/

北海道函館市出身の店主が提供する、函館定番のまっすぐな細麺の澄んだ色をしたあっさり塩ラーメンを提供しています。
ゲンコツ、鶏ガラなどの動物系、函館の真昆布、北海道産の貝柱を使用した魚介系の出汁が合わさった淡麗系のスープ。
麺は函館の出口製麺のストレートな細麺。
赤身メインの豚チャーシューは絶妙な塩気があって旨みを感じる。

・JR中央線『荻窪駅』北口より徒歩3分。
http://y-senga.com/goryokaku/

1つ1つに強烈なインパクトはありませんが、スープ、麺と野菜たちが絶妙なバランスで構成されています。
透き通ったスープは鶏を使用。炒めた野菜の甘みや旨みが加わって、カドの立たない塩味がやさしい仕上がりに。
大勝軒草村商店の特製中太麺。少し緩めのウェーブが施された麺はスープとの相性抜群。

・JR中央線『西荻窪駅』南口から徒歩1分。
http://y-senga.com/hatsune/

スープのメインとして使用する鯛は、独自のルートで養殖生産地で有名な愛媛県・宇和島などから毎日朝絞めの新鮮な鯛を仕入れている。
鯛の中骨のみを6〜7時間煮込み鯛の旨みを抽出した鯛100%出汁。ドイツ産の岩塩を使用したスープ。
北海道産小麦を使用したカネジン食品特注の石臼挽き全粒粉のストレート中細麺。
チャーシューは低温調理され桜のチップを用いて燻製された豚肩ロース。

・JR総武線『錦糸町駅』南口より徒歩5分。
http://y-senga.com/mengyo/

黄金色のスープは丹沢山系の東端、大山(阿夫利山)の天然水を使用。
じっくり9時間炊き厳選した鶏をベースに、昆布・香味野菜・魚介の旨味を丁寧に抽出。
麺は三河屋製麺のストレート細麺。
炭火で炙られ香ばしい豚バラチャーシュー。
メンマは細切りされ、水菜も相性よし。
柚子の皮のスライスが添えられている。
とろ〜り半熟煮玉子も良い感じ。

・JR山手線「恵比寿駅」西口より徒歩3分。
http://y-senga.com/afuri/

貝をメインに使用した、お吸い物+麺料理と言っても過言ではない珍しい一杯でした。
浅利、帆立、ムール貝がベースで煮干しスープと合わさった動物系を一切使用しない魚介系のスープ。
麺は、店舗2階の製麺機で作られた自家製の縮れ太麺。
チャーシューは低温調理され高級ハムのようなしっとり仕上げ。

・都営地下鉄浅草線、大江戸線『蔵前』駅A4出口より徒歩2分。
http://y-senga.com/kai/

鮪節と羅臼昆布の出汁に鶏清湯を合わせた上品なスープ。
塩は内モンゴル産を使用し、精練された旨味のある深い味わい。
真空ミキサーを使用し低温熟成させながら作られた自家製の平打ち中太ストレート麺。
大ぶりの食べ応えある、肩ロースのチャーシューに日本酒でフランベされた天然鮪のブロックチャーシュー。

・都電荒川線『早稲田駅』より徒歩2分。
http://y-senga.com/gantetsu/

琥珀色のスープは鶏ガラを中心に7種類の香味野菜、煮干し、ムロ節、羅臼昆布などから作られている。
モンゴル産湖塩をベースにくられた塩ダレと合わさったスープ。
三河屋製麺の小麦を皮付の胚芽ごと挽いた全粒粉を使用した多加水中細の縮れ麺。
程良く味が染み込んでいてホロっとした柔らかさのチャーシュー。

・JR中央線『阿佐ヶ谷駅』南口より徒歩9分。
http://y-senga.com/cique/

関連トピック

FBページの運営もしてます。
ぜひ、Facebookページに『いいね!』をお願いします (^○^)/
http://www.facebook.com/ramenlikers

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1