1. まとめトップ

出産前に準備しておきたいベビーグッズまとめ

もうすぐ子供が生まれてくるので勉強もかねてまとめてみた。

更新日: 2014年01月19日

kazu35さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
327 お気に入り 84940 view
お気に入り追加

▼新生児衣料

新生児の肌着の定番。着丈は腰までで、ひもで打ち合わせをするタイプが一般的です。裾が短めだから、各種ウエアや裾のある肌着を重ねてもOK。着せやすく、季節を問わないので、何かと重宝します。
赤ちゃんは、意外と汗っかき。しかもお肌がデリケートだから、通気性がよくお肌にやさしい肌着を選んであげたいものです。

目安枚数:5~6枚(6枚以上あると便利)

長下着は短肌着の上に重ねて着ます。裾は止めない形でおむつ替えが簡単です。足を動かせないでおむつ替えが多い生まれたての赤ちゃんに最適です。

目安枚数:5~6枚(6枚以上あると便利)

生後2~3ヶ月からの肌着。2つに分かれているから、足をバタバタさせても、はだけることはありません。また、暖かい時期なら、これ1枚でもOK。さらに寒い時期には、短肌着の上に重ね着することもできます。

目安枚数:5~6枚(6枚以上あると便利)

新生児~6ヶ月までと長い期間着られる「2WAYコンビ」。赤ちゃんの成長にあわせて、股下のサイズ調節が可能。ボタンの留め方によって、ドレス~コンビとして着用出来ます。

目安枚数:5枚

3ヶ月頃からの普段着。
足が分かれた形状なので足の動きが活発になる頃から活躍します。

目安枚数:2~5枚

生後3ヶ月頃からの乳児インナーにはショルダー開き・前開き・肩開きなどいろいろなタイプがあり、アウター感覚で楽しめるものもあります。

目安枚数:2~3枚

まだ首がすわらない赤ちゃんもアフガンでくるめば安心して抱きやすくなります。
肌掛けふとんやおむつ替えシーツにもなり重宝します。

目安枚数:1~2枚

吸湿性がよく、肌ざわりのよい素材を選びましょう。
授乳時に便利です。

目安枚数:3~5枚

小さな足にもフィットする伸縮性にすぐれたもの、肌ざわりのよいものを選びましょう。

目安数:2~3足

授乳時やよだれふき、汗ふきなど多用途に使用でき、何枚あっても重宝します。
お顔用・お風呂用・おしり用など、大活躍間違いなし!

▼哺乳・調乳グッズ

哺乳瓶選びのポイントは、容量・素材・形・乳首の4点。ミルク中心の赤ちゃんの場合や、母乳中心の赤ちゃんの場合でも、哺乳瓶は必要になります。
赤ちゃんが1回に飲むミルクの量により、哺乳瓶の容量が変わります。
ガラス製とプラスチック製でそれぞれメリット、デメリットがあるので用途によって選びましょう。

目安数:2~3本

乳首の素材、形編。素材の種類は耐久性ややわらかさに関係し、形は月齢や赤ちゃんの乳首との相性に関係します。
穴は丸穴とクロスカットが主流です。丸穴は赤ちゃんの成長とともにサイズ変更が必要です、メーカーによっても違いますが、新生児のころはSサイズ、2~3カ月にはMサイズが目安です。

目安数:2個~

哺乳びんをすみずみまでキレイに洗う専用ブラシ。
ガラスにはナイロン製、プラスチックにはスポンジ製がおススメですが、兼用タイプもあります。
また乳首用のブラシもあります。

目安数:1個

▼ベビールーム

掛布団・肌布団・敷布団・掛カバー・肌カバー・フィッティングシーツなど基本セットをはじめ、予備もある10点セットなどがあります。

赤ちゃんは汗をかきやすいので、掛カバー、フィッティングシーツ、防水シーツ、キルトパッドは替え用として2~3枚あると便利。

オールシーズン使えて丸洗いもOKなので便利です。

目安枚数:2~3枚

生後すぐの時期は床からのホコリやダニから守るだけでなく、おむつ替えや着替えなども楽にできて便利です。
最近は購入するのでなくレンタル利用をするケースも増えています。

目安数:1台

▼おふろ

赤ちゃん専用のバスタブ。シンクで使えるタイプもあります。
赤ちゃんもゆったり沐浴。エア式タイプはコンパクトに折りたためるので帰省やおでかけにも大変便利です。

目安数:1個

刺激の少ない石けんであればベビー石けんにこだわる必要は全くありません。保湿剤が添加されている程度か無添加の石けんであれば、ベビー用という記載がなくても安心して使えます。
皮膚の弱い赤ちゃんの場合は、毎回石けんを使う必要もないかもしれません。

目安数:1個

赤ちゃんの肌は薄く敏感な為、肌に優しいガーゼで洗います。
沐浴布は、お湯に浸かる時に驚かないように安心させる為、体にかけます。

目安枚数:1~2枚

大判の正方形のものなら、寝かせたまま体を拭くことができます。
無撚糸やガーゼのものがおすすめです。

目安枚数:2~3枚

▼おでかけグッズ

カーシート装着は義務化されています。
新生児から使えるチャイルドシート、3歳児頃から使えるジュニアシートなど様々な種類があります。
車種によって取り付けができないものがありますので注意が必要です。しっかり確認してから購入して下さい。

目安数:1台

生後1ヶ月から使用できます。
赤ちゃんの月齢や成長に応じてベビーカーの仕様が異なるので、それぞれの特性をしっかり理解して購入して下さい。
各社それぞれ特徴があるので、しっかり店員さんに確認して1番ベストなものを購入しましょう。

目安数:1台

1 2





たくさんお気に入りに登録されるような良質なまとめを作っていけるよう頑張ります。まとめは随時更新出来次第、更新していきます★