1. まとめトップ

最恐心霊スポットまとめ

全国の心霊スポットまとめ

更新日: 2016年05月26日

20 お気に入り 79764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雫石・慰霊の森

1971年7月30日に全日本空輸の旅客機「ボーイング727」と航空自衛隊の戦闘機が空中衝突して、両機ともに墜落した。自衛隊機の乗員は脱出したものの、旅客機は空中分解して乗客155名と乗員7名の計162名全員が亡くなった。
墜落現場は、凄惨な状況だったそうだ。機体が高速で地面に叩きつけられたために、バラバラになった肉片が木々にぶら下り、遺体の損傷は相当ひどかったらしい。
この墜落現場が、今回の探索地である「慰霊の森」である。
県内最恐の心霊スポットと名高い慰霊の森では、幽霊目撃談の数もかなり多い

常紋トンネル

本トンネルは凄惨過酷なタコ部屋労働で建設されたことでも有名である。施工当時、重労働と栄養不足による脚気から労働者は次々と倒れ、倒れた労働者は治療されることもなく現場近くに生き埋めにされたという。

旧善波トンネル

40年以上も前に準一という少年がバイク事故で死亡。
それ以降、バイクに乗った準一少年の霊が度々目撃される事となる。
避けようとした車が事故を起こすといった惨事も起こった。
心を痛ませた準一少年の母は「もう死なないで準一」と書いた看板をトンネル
の前に立てたという。

八王子城址

1590年に八王子城は豊臣方の軍勢により落城。
落城の間際に城内の婦女子達は自ら死を選んだ。
短刀で自らの首を突き、御主殿の滝に身を投げた。
御主殿の滝から流れる川は三日三晩赤く染まったと言う。

千駄ヶ谷トンネル

千駄ヶ谷トンネルは、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックのために建設された。しかし、この建設には大きな問題があった。
というのは、現在のトンネルの上には墓地が広がっており、オリンピック開催までに移転している時間がなかったそうだ。そして、墓地の下を通る形のトンネルとして、千駄ヶ谷トンネルが誕生した。

旧犬鳴トンネル

日本三大心霊スポットに数えられる「旧・犬鳴トンネル」・・・・・人里離れた山合いにあるこのトンネルは、人が生きたまま焼かれたり、凄惨なレイプ事件、暴走族によるリンチ事件・・などなど、人間の闇の部分が露呈する事件が多発した場所でもある。

明通トンネル

1 2