1. まとめトップ

「こっくりさんとは」

こっくりさんとは、『狐狗狸』さんと言われ、文字通り狐などの低級霊を呼び出してお告げを聞くというものらしいです。」
1970年代の大流行し、こっくりさんを遊び半分でやって精神的におかしくなり、何かにとりつかれたようになってしまった方々もいて、入院している方もいるという話も聞きます。
現在でも、小学生や中学生の間で、「キューピッドさん」「キラキラさま」「エンジェルさま」「守護霊様」というように名前や遊び方が変えられて伝わっています。

【用意する物】

白い紙
文字を書くペン
十円玉
紙を置き人で囲めるくらいのテーブルや台など

【こっくりさんのやり方】

1 まずこっくりさんを行うためには、白い紙に、「はい」「いいえ」と書き、その間に鳥居を書
  く。そしてその下に数字・五十音・などを書く。

2 2~3人程度で机を囲み、所定の位置に10円玉を置く。全員で、人差し指を10円玉の上に置
  き、こっくりさんを呼ぶ儀式をする。

3 「こっくりさん、こっくりさん、どうぞおいでください。もしおいでになられましたら「は
  い」へお進みください」と話しかけると10円玉が自動的に動き始める。

4 聞きたい事などを質問をする。と、その答えを、10円玉が動いてしめしてくれる。

5 ひとつ質問が終了したら「鳥居の位置までお戻りください」とお願いして、鳥居の位置にもど
  す。

6 いくつか質問を終え、コックリさんを終了させる。


「コックリさん、コックリさん、どうぞおもどりください」とお願いして、コックリさんが「はい」と答えた後、鳥居まで10円玉がもどってきたら、「ありがとうございました」と礼を言って終了する。

【注意点】

1人でやらないでください。
ふざけ半分ではやらないでください。
なるべく恐怖心や不安定な心理状況でややらないでください。
10円玉に手をおいて決して離さないでください。
途中で止めてはいけません。
こっくりさんが帰ってくれなくても、帰るまでお願いをしてください。
文字盤はその日のうちに48つに細かく破り捨て、10円玉は三日以内に使ってください。

関連

1





べーこんmrk2さん