近年の誤訳作の代表としては『オペラ座の怪人』『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』などが有名。特に『オペラ座の怪人』では、わざと含みを持たせた作りである原作と、それを尊重した上で製作された映画版を、徹頭徹尾誤訳の連打でブチ壊しにしてしまい、原作ファンの激怒を買ったことで有名。
世界的に有名な指輪物語の映画版『ロード・オブ・ザ・リング』においても、せっかく原作者が「翻訳の手引き」を残すほど細やかな配慮がなされているのに、なっちは全くそれを読まずに翻訳したため、正確な訳がなされている瀬田氏翻訳版の小説文、まともな訳者がついた日本語吹替版とも違う訳が展開され、原作既読者のみならず初見の観客でさえも理解に苦しむ珍文章を頻発してしまっている。

出典戸田奈津子とは (トダナツコとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

誤訳女王!字幕翻訳家、戸田奈津子誤訳への怒りの数々!

戸田奈津子。字幕翻訳家。日本を代表する翻訳家であり、彼女の手掛けた名作映画は枚挙に遑がない。しかし、彼女の翻訳には問題も非常に多いと聞く。その全貌を調べてみた。

このまとめを見る