1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大津いじめ自殺事件で暴走したネット民が逮捕される?―個人情報をバラ撒かれた人が名誉棄損で…

大津市中2男子いじめ自殺事件の「加害者の祖父」だと勘違いされてネット上で攻撃された滋賀県警OBの男性が警察に被害届を出しました。何が起きたのか、男性はどんな記事を書いていたのか等について簡単にまとめました。

更新日: 2012年11月18日

22 お気に入り 44830 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

いじめの加害者とされる生徒の祖父として実名をインターネット上に掲載された元滋賀県警OBの男性が、今月7日に名誉毀損(きそん)容疑で同県警に被害届を出していたことが15日、分かった。

電話は、無言のものを含めると多い日で数百件。今も連日約60件かかるといい、男性を電話口に呼ぶよう求める場合もある。同僚たちが誤解を解くよう応対し、届いたメールには事情を書いて返信している
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120718-OYT1T00756.htm

男性は実名のほか、勤務先の病院名までネット上に掲載され、職場に電話が相次いだことから、滋賀県警草津署に被害届を提出。同署が捜査を進めている。

男性は自殺現場近くの交番に勤務していたが、いじめた側とされる生徒とは関係がないという。

加害者の祖父と勘違いしてブログに突撃した人達が

中には冷静なコメントもありましたが、
流し読みした感じだと2chやツイッターのノリで罵倒しているのが目立ちました。

勤務先の病院も否定コメントを

当院および当院の職員は、一切関係がございません。
つきましては、この件に関して電話等をたくさん頂
戴しますが、救急病院である当院の正常な診療に支障
をきたしますので、良識ある言動をお願いします。

県警も否定

OBの名前が挙がっていますが、それは加害生徒の祖父などではなく、まったくの事実無根です。いろいろな電話がかかってきて、本人も迷惑しています

今回勘違いされた人のブログの内容

炎上中の記事は既に削除されていましたが、魚拓がありました。
日付を見るとブログが炎上した次の日に草津署を訪れたようです。

個人情報の書き込みは危険

個人情報をネットに書き込む危険さは、間違って無関係な人の情報をさらした場合、侮辱罪や名誉毀損に問われる可能性があること。

元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝さん

無関係な女性の画像をブログに掲載したデヴィ夫人が…

無関係の兵庫県宝塚市に住むスタイリストの女性(50)の写真を加害者生徒の母親としてブログに掲載したことで、女性がデヴィ夫人に損害賠償を求め、近く神戸地裁伊丹支部に提訴することがわかった。

代理人の弁護士は「デヴィ夫人は誤った情報を信じて書き込んだ。もう少し確認してから書くべき。社会常識として許されない」と憤っている。

無関係な人を晒した事で逮捕された人も

自身のブログ上に、千葉市内で前日、中学2年の男子生徒が暴行を受け死亡した傷害致死事件に関連して「中2暴行死逮捕写真公開」などと題し、事件と無関係な同市内の中学3年の男子生徒(15)の実名と顔写真を犯人として掲載したとしている。

名誉毀損容疑で逮捕

容疑は事件2日後の昨年8月25日、自宅のパソコンでブログを開設した上で、逮捕された外山硬基被告(24)=殺人などの罪で起訴=と、無関係の「外山不動産」(北海道江別市)を名指しして、「親は江別で外山不動産経営です」などと虚偽の書き込みを行い、同社の信用を毀損させ、業務を妨害したとしている。

信用毀損で書類送検。2chへ書き込んだ人物も特定したが、書き込みが疑問形だったことなどから、信用毀損罪が成立しないと判断、立件を見送った。

コメント欄への中傷で書類送検

“スマイリーキクチが女子高生コンクリート詰め殺人事件に関与した”という前提でブログのコメント欄に誹謗中傷する書き込みをした18人の男女が名誉毀損の疑いで書類送検されている。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1