大勢が「離脱」に傾くと、円を買う動きがさらに加速して、円相場は11時30分すぎ100円を割り込み、2013年11月以来、2年7か月ぶりに1ドル99円台まで値上がりした。

ポンド円相場も、一気にポンドが急落。14時30分すぎには1ポンド137円まで値下がりした。ポンドはドルに対しても、1985年以来31年ぶりの安値となる1ポンド1.33ドル台を付けた。

ただ、こうした状況にも外国為替証拠金(FX)取引に投資する個人投資家は、ポンドに関する限り、「取引は比較的、落ち着いていました」と、取引所FX取引の「くりっく365」を取り扱う東京金融取引所はいう。「(くりっく365のポンド円取引は)個人投資家などがリスク管理の動きを強めていた結果、6月23日までにポンド買いのポジションが10万枚(1枚につき、1万通貨)も解消されています」と説明する。

出典FX投資家が阿鼻叫喚 英EU離脱で予想を超える急激な円高で「損切り」続出 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

儲かるらしいだけでやるのは危険!FXで損した人たちの生々しい話

「9割の投資家が市場から退場する」と言われる為替市場。それでも何百万と儲けた人たちがマスコミに紹介され話題になれば「儲かるなら私も!」と思ってしまうのが人間の性。では挑戦する前に負けた体験をした人の聞いてからでも遅くはないのでは?

このまとめを見る