一方、英ポンドの上昇は円売り・ドル買いを誘い、ドル円相場は1ドル104円台半ばから105円台後半で推移した。円が買われ、23日には106円前半の円安水準まで値下がり。開票がはじまった24日9時すぎでも、1ドル105円近辺で値動きしていた。

市場関係者の多くは、「1ドル103円がひとつの節目」とみていたようだ。

ところが、24日昼ごろに「離脱優勢」の観測が伝わると、「市場の景色は朝方と一変した」(東京金融取引所)。「節目」としていた1ドル103円前後を付けると、その後は開票情報が伝えられるたびに、円売りと円買いがめまぐるしく入れ替わる乱高下で、円ドル相場の値幅は4円弱にも達した。こうした情報をいち早く得ようとユーザーが殺到したらしく、ヤフーファイナンスなどのサイトは一時、アクセスが難しくなるほどだった。

出典FX投資家が阿鼻叫喚 英EU離脱で予想を超える急激な円高で「損切り」続出 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

儲かるらしいだけでやるのは危険!FXで損した人たちの生々しい話

「9割の投資家が市場から退場する」と言われる為替市場。それでも何百万と儲けた人たちがマスコミに紹介され話題になれば「儲かるなら私も!」と思ってしまうのが人間の性。では挑戦する前に負けた体験をした人の聞いてからでも遅くはないのでは?

このまとめを見る