「値動きは上げ下げを繰り返すもの。20EMAから上に乖離しても、いつか必ず20EMAに戻ってくる。だから、+0.1%にタッチ後、長めの上ヒゲをつけたら売り。3~5Pipsで利確です。下げずに+0.1%まで上昇するようなら損切り。そのまま上昇して+0.15%にタッチするようなら、もう1回売りで入る。この繰り返しです。ただ、20・75・200のEMAがどれも上向きのときは強い上昇トレンドが発生して乖離が発生しやすいので、+0.2%タッチまで待って売りで入るなどの工夫が必要です」

出典無知無謀なFXトレーダーがテクニカルの達人となって辿り着いた手法とは? | ハーバービジネスオンライン | ページ 2

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

FXで勝つためには…勝ち組にコツを聞くのが一番

「上がる」か「下がる」かの2分の1の確率ながら9割の投資家が市場から撤退するという為替市場ですが、少ないながらも勝ち組が存在するのも確か。勝つためには彼ら勝ち組からコツを伺うのが一番でしょう。

このまとめを見る