こう話すのは9年間で1億7000万円もの利益を稼ぎ出しているFXトレーダーのぶせな氏。テクニカルアナリストの資格も有する、マーケット分析のプロだ。ただし、当初は無知で無謀なトレーダーの一人だったという。 「’07年頃からFXを始めたのですが、完全に勘頼み(苦笑)。資金の許す限りナンピンしたりして、1100万円の損切りを経験したんです……」

 その大火傷をきっかけに、マーケットを徹底的に分析。自分にあったトレード方法を模索したという。

「行き着いたのがスキャルピングでした。超短期売買なので、損切りさえ徹底すれば致命的な損失を被ることはありません。回転を効かせて複利で運用すれば、資産を短期間で増やすことも可能と考えたのです」

出典無知無謀なFXトレーダーがテクニカルの達人となって辿り着いた手法とは? | ハーバービジネスオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

FXで勝つためには…勝ち組にコツを聞くのが一番

「上がる」か「下がる」かの2分の1の確率ながら9割の投資家が市場から撤退するという為替市場ですが、少ないながらも勝ち組が存在するのも確か。勝つためには彼ら勝ち組からコツを伺うのが一番でしょう。

このまとめを見る