1. まとめトップ

[飲み会で使える雑学]なぜ居酒屋はビールの栓を開けて提供するの?

居酒屋にいくとビンビールの栓を開けて提供されます。飲み放題のお店の場合、一度に数本頼むとすべて開栓済み。。。気泡が抜けるし、店員さんには手間なはず。なぜ開けて出すのか、まとめてみました。

更新日: 2012年07月26日

7 お気に入り 21427 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

くどけんさん

“そもそもお酒は誰でも販売できるの?”

これはできません。
酒類販売免許というものが必要で、これは簡単にいえば酒税を確実に賦課・徴収するための制度です。
国の貴重な財源確保のために酒類販売免許制度が設けられています。
そのようなわけで小売業者がお酒を売るには酒類販売免許が必要となります。

“では居酒屋は酒類販売免許が必要なの?”

必要ありません。
しかし、提供する際に加工を施したり、「開栓したり」しなくてはなりません。

“つまり、開栓しないと小売と見なされてしまい、酒類販売免許が必要になってしまう。”

ということですね、論理的に考えると。

“なぜみんな免許とらないの?”

提供の際に開栓する手間と比べたらめんどくさいし、お金もかかる。

。。。に尽きると思います。

“ノンアルコールビールはどうなってるの?”

ノンアルコールビールは、“ビール”といっても分類としては清涼飲料水なので、
未開栓のまま出すことができます。
松屋にはアルコールとノンアルコールの缶が両方あるので試してみたら面白いかも(笑)

↓↓↓雑学系まとめ↓↓↓

1