1. まとめトップ

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識

再生可能エネルギー豆知識 GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/21発行

更新日: 2014年04月14日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 11366 view
お気に入り追加

p.2 ■情報クリッピング ■関連エントリー ■その他
http://matome.naver.jp/odai/2134283461860409401?page=2
p.3 ■参考
http://matome.naver.jp/odai/2134283461860409401?page=3

■はじめに

浮体式風力発電は、洋上風力発電で採用されるプラットフォームの一種です。文字通り、洋上に浮かんだ浮体式の構造体を利用して、その上部に風力発電が取り付けられます。一般に、水深50mまでは海底に基礎などをもつ着床式を、それ以上の深さでは、浮体式が検討されます。
 だいい、50から数百メートルの水深までに対応し、世界的にさまざまなプロジェクトが検討され、開発が進んでいます。着床式よりはコスト高であり、風車の挙動についても未開発な部分も多いということで、本格的な普及は2020年以降との見方があるようです。

グリーン・ポストでは、浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine についての情報の収集をいろいろ行ってきました。まとめサイトは、以下です。

・浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー
http://greenpost.way-nifty.com/k/2010/12/floating-wind-1.html

 ここがかなりごちゃごちゃしてきたのと Naverまとめ とブログの連動の可能性を模索したいので、こちらのブログに関連情報を連載しながら、情報を収集していきたいと思います。

 連動するブログの記事です。

国内外で開発が進む、浮体式風力発電プロジェクトについての情報を集めていきます。

■浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbineの世界

世界初の浮体式風力発電機プロジェクト

2007年に南イタリアの海岸から21.3km沖合いの水深113mの場所で、実際にフローティング 浮体式風力発電機を設置し、実験が行われました。風力発電機の詳細は不明。浮体の実験の比重が大きかったのかもしれません。フェーズ2に入り、Blue H独自の浮体式風力発電機用のプラットフォーム Submerged Deepwater Platform (SDP) の開発に入っているようです。フェーズ2 http://www.bluehgroup.com/product/phase-2.php
フェーズ3 http://www.bluehgroup.com/product/phase-3.php

2009年、深度200mを超える海へ深深度型の本格的な浮体式としては世界初のHywindプロジェクトがノルウェー沖で行われました。風力発電機は、シーメンスの2.3MW機です。

「本格的な」フローティングウィンドタービンの、本格的な実証実験として注目されました。そのため、これが世界初と大きく報道されましたので、グリーン・ポストもしばらくそう認識していました。
 実際には、上のオランダのBlue H Group Technologiesのものが、浮体式では世界初だったことを知りました。

-----image : プレスリリース / Siemens,Jun 10, 2009
/ Hywind: Siemens and StatoilHydro install first floating wind turbine より 
http://www.siemens.com/press/en/pressrelease/?press=/en/pressrelease/2009/renewable_energy/ere200906064.htm

”Hywind Pilot Facts

• Turbine size: 2.3MW
• Turbine weight: 138tons
• Turbine height: 65m
• Rotor diameter: 82.4m
• Draft hull: 100m
• Displacement: 5300m3
• Diameter at water line: 6m
• Diam. submerged body: 8.3m
• Water depths: 200m
• Mooring: Three lines ”-----Hywind – the world’s first full-scale floating wind turbine -----Statoil
http://www.statoil.com/en/TechnologyInnovation/NewEnergy/RenewablePowerProduction/Offshore/Hywind/Pages/HywindPuttingWindPowerToTheTest.aspx

関連エントリー
・日立造船、ノルウェーのStatoil社と Hywind 浮体式洋上風力発電に関する技術提携を発表-----ソフトエネルギー、2012/11/16
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2012/11/statoil-1c06.html

・世界初のフローティング方式の風力発電機は2009年にノルウェー、北海地域に設置-----ソフトエネルギー、2007/06/27
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2007/06/2009_d1d4.html

・ノルウェー Hywindプロジェクト -浮体式洋上風力発電 Floating wind turbine-----自然エネルギー、2010/12/22
http://greenpost.way-nifty.com/k/2010/12/floating-wind-t.html

2011年に入ると、ノルウェーのスウェイ(発音不明) Sway社のプロジェクトが行われた。詳細は不明だが、システムがトラブルに見舞われたということで、しばらく情報がなかった。最近になって、次期プロジェクトも発表になり、実証プロジェクトとして継続中。

SWAY 1:6 FLOATING TOWER SCEDULED TO RE-LAUNCH EARLY APRIL-----Sway,08. December 2011
http://sway.no/?page=206&show=198&news=778

2011年、かねてから話題のシアトルのプリンシパルパワー Principle Power のWindFloat。ヴェスタス Vestasの2MW風力発電機 V80-2.0MW を搭載し、ポルトガル沖で初のフルスケール浮体式風力発電の実証実験を開始

-----image : ヴェスタス Vestas、初の浮体式プラットフォーム WindFloat を建設中-----ソフトエネルギー、2011/10/17 より
記事中の参照元リンクあり
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/10/----.html

Principle Power,2012/03/15
http://youtu.be/i6pdp8wyQ8A
関連エントリー ヴェスタス Vestas、初の浮体式プラットフォーム WindFloatはこうして軽快に作られる! / YouTubeから-----自然エネルギー、2012/03/14 
http://greenpost.way-nifty.com/k/2012/03/windf.html

2012年6月、五島沖の浮体式風力発電実証試験の第一段階100kW機によるテストが開始されました。

参考
・京都大学、佐世保重工業など、浮体式洋上風力発電プラットフォームの10分の1モデルの実海域実験を実施-----ソフトエネルギー、2009/09/09
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2009/09/101-78d7.html

-----image : プレスリリース / 京都大学、2012年6月12日
・100kW風車を搭載した浮体式洋上風力発電施設の洋上設置に成功 -系統連系を行う浮体式洋上風力発電施設としては国内初- より
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120612_2.htm

1 2 3





このまとめへのコメント2

  • greenpostさん|2013.10.29

    hakmtさん FAWTについては、以下で取り上げてみました。その後、あまり動きがなく、ここに取り上げるかは、思案中です。情報ありがとうございます。
    ローコストな浮体式垂直軸風力発電の可能性。秋元博路教授らの論文が発表された-----ソフトエネルギー、2011/11/30
    http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/11/post-b0cb.html

  • hakmtさん|2012.07.27

    floating wind turbineの1種として、FAWTもあります。http://youtu.be/L6wdvCQ5zJM

1

自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。