1. まとめトップ

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識

再生可能エネルギー豆知識 GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/21発行

更新日: 2014年04月14日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 10779 view
お気に入り追加

国内では、福島県沖で2012に2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備1基と、世界初となる66kV 浮体式洋上サブステーションおよび、海底ケーブルを設置する事業が開始されています。成果が上がれば、世界的にみても例のない浮体式風力発電の大型プロジェクトとなります。

------image : プレスリリース / IHI、2012年3月6日
・福島復興・浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業について より
http://www.ihi.co.jp/ihi/press/2011/2012-3-062/index.html

世界初「浮体式風力発電」の秘密--東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/345… #renewjapan #renewwind #offshore #floating コメ-初ではない。興味深いレポートなのに、 参考 matome.naver.jp/odai/213428346…

2013年5月末、メイン大学 University of Maineの1/8スケールの浮体式洋上風力発電機 VolturnUS 1:8 の実証試験が開始されました。

6MW機2基によるアメリカ初の本格的な浮体式洋上風力発電所、VolturnUS が2017年より稼動準備されています。予算枠も実行主体も固まり、具体化のスピードは日本の動きより迅速です。

このプロジェクトの正式名称は、New England Aqua Ventus I 12 MW洋上風力発電所です。
(2014年春。現在、日本のほうがスピードアップに成功しています。今後はコストとタフな技術の確立がポイントになります。)

2013年に登場した1/8スケールのモデルのVolturnUS 1:8 の大きさは、全高65フィート(19.5m)で、Aqua Ventus Iで利用される6MW機の全高520フィート(156m、翼の直径は423フィート、つまり126.9m!)の八分の一のサイズとなります。
(前項参照)

2017年の稼動がアナウンスされている6MW機は、浮体部分とタワーが、コンクリートコンポジット(複合)製法により作られ、コスト的にも世界とそして他のエネルギーソースとも競合できる内容を目標として研究開発が進められています。

2013年10月、五島沖の浮体式風力発電実証試験の第二段階2MW機によるテストが開始されました。

資料:「五島市海洋エネルギー Goto ocean energy-長崎県五島市」(PDF、環境省サイト内) "浮体式洋上風力発電実証事業" #renewjapan #renewwind #offshore #floating #長崎 pic.twitter.com/rx9gCyXeDu

国内では、福島県沖で2014年から、7MW機による実証実験が予定されています。2MW機に関しては、下のリンクへ

■情報クリッピング

"(洋上浮体)..アナリスト..コストが70万-80万円に下がればモノパイル式の基礎を使った着床式洋上風力発電に対抗できる.."--ブルームバーグ twitter.com/greenpost/stat… #renewjapan #renewwind #offshore #floating

#福島 県沖浮体式洋上風力発電、コスト4分の1を目指す-丸紅--ブルームバーグ bloomberg.co.jp/news/123-MWYQ9… "..コストは200万円超..次回には100万円、最終..50万円" #renewjapan #renewwind #offshore #floating

日立造船:ノルウェーのスタトイルと洋上風力発電を共同開発-----ブルームバーグ bloomberg.co.jp/news/123-MJ5VP… "..スタトイルの「ハイウィンド」プロジェクト..浮体式.." #renewjapan #renewwind #offshore #floating

日本、洋上風力でフロントランナーに浮上か----- 日経ビジネス オンライン business.nikkeibp.co.jp/article/report… "..世界で40年以上かけて段階的に積み上げてきたことを同時に注力することになる.." #renewjapan #renewwind #offshore

1 2 3





このまとめへのコメント2

  • greenpostさん|2013.10.29

    hakmtさん FAWTについては、以下で取り上げてみました。その後、あまり動きがなく、ここに取り上げるかは、思案中です。情報ありがとうございます。
    ローコストな浮体式垂直軸風力発電の可能性。秋元博路教授らの論文が発表された-----ソフトエネルギー、2011/11/30
    http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/11/post-b0cb.html

  • hakmtさん|2012.07.27

    floating wind turbineの1種として、FAWTもあります。http://youtu.be/L6wdvCQ5zJM

1

自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。



  • 話題の動画をまとめよう