1. まとめトップ

知らないとちょっと恥ずかしい「フランスパン」と「バケット」の違い

「フランスパン」と「バケット」何が違うの?と聞かれて答えらない人も意外と多いのでは?私も知りませんでした(^^;

更新日: 2012年07月22日

rinqoo1976さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
90 お気に入り 164344 view
お気に入り追加

バゲットはフランスパンの中の種類のことです。
フランスパンには、製法や形状によっていろいろな種類があり、それぞれ名称があります。

▼バケットの特徴

長さ約70~80cm。重量300~400g前後のステッキパンであり、フランスパンのうちでは細長い部類に属し、パリパリした表皮が多く塩味であることを特徴にしている。日本語訳で「杖」の意味。

<ドゥ・リーブル>
1kgの意味。焼上重量で約680g位。長さは55cm程度と、棒状フランスパンの中では長さより太さ、大きさを特徴としている。

<パリジャン>
パリジャンとは「パリっ子」の意味。
棒状の代表的なフランスパン。長さは約50~70cm。重量500g前後で表面に5~6本のクープ(切れこみを入れること)をつけたものが多い。

最近は何でもフランスパンらしきものを
バゲットと読んでいる人がいますね。
スパゲッティをパスタと言っているのと、逆ですね。

<バタール>
棒状フランスパンのうちで太さがパリジャンとバゲットの中間にあり、長さは約40~50cm。重量は300g程度。日本語訳は「合いのこ」。パリジャンとバゲットの中間的な格好を意味している。

<フルート>
笛のフルートのように細長い棒状フランスパン。重量は200~250gだが、長さは約50~60cm。

<フィセル>
日本語訳で「ひも」の意味。長さ約30cm、重量は約120~150g。

<ブール>
ブールとは「ボール」の意味。
ボール状の小および中型フランスパン。表面にクロスした数本のクープをつけたものが多い。重量約280g。

<シャンビニョン>
約50g位の西洋キノコの形をした小型フランスパン。

<フォンデュ>
お尻の割れ目のような形をしたパン。TWIN(ふたご)の意味。大きいサイズのものと小型のものがある。

<タバチュール>
タバチュールとは「たばこ入れ」の意味で、フタをかぶせたような格好をしているフランスパン。これも大型と小型がある。

<クープ>
窯入れ直前のパン生地表面にナイフで一本のクープ(切れ込みを入れること)だけを入れた小型のフランスパン。

▼参考リンク

1





このまとめへのコメント1

  • godgriffonさん|2013.06.17

    各パン屋のフランスパンの種類を調べてみた。

    ・デリフランス
    バゲット 長い
    パリジャン 短い
    トラディショナルバゲット 尖っていて酸味

    ・サンジェルマン
    ミニクーペ 小さい
    クーペ やや小さい
    バゲット やや大きい
    パリジャン 大きい

    ・LABONTE
    バタール・トラディション 柔らかく短い
    バゲット・トラディション 長く硬い

1

気になったことを調べるついでに「まとめ」てます。

★Twitter
https://twitter.com/rinqoo

★Blog
http://rinqoo.hateblo.jp

このまとめに参加する