故.赤塚不二夫の告別式で「私もあなたの数多くの作品の一つです」との弔辞を読み上げた。この弔辞は7分56秒にも及ぶものであり、手にしていた紙を何度も見ながら時折涙声で読んでいたが、実際にはその紙は全くの「白紙」で、何も書いていなかったとの報道が一部でなされた。

出典タモリ - Wikipedia

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【覚えてる?】白紙を読み上げたタモリの伝説の弔辞

漫画家の赤塚不二夫さんの葬儀で弔辞を読み、その内容が良かったとか、実は手にした紙は白紙で「勧進帳」だったのでは、と話題になりました。

このまとめを見る