「勧進帳」は、山伏姿の義経一行を関所から逃げのびさせるため、弁慶が「本物」と思わせるよう白紙の勧進帳を読み上げるなどして危機を脱する話だ。このとき関所の通過を許すのが富樫(トガシ)左衛門だ。

出典気になってならない: ギャグ:タモリの勧進帳 (弔辞)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【覚えてる?】白紙を読み上げたタモリの伝説の弔辞

漫画家の赤塚不二夫さんの葬儀で弔辞を読み、その内容が良かったとか、実は手にした紙は白紙で「勧進帳」だったのでは、と話題になりました。

このまとめを見る