弁慶が「読み上げ」で持ち合わせの巻物を朗々と読み上げる場面の連想から、あたかも原稿を読んでいるようで実は即興でものを言っているさまを、「勧進帳」という。

出典勧進帳 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【覚えてる?】白紙を読み上げたタモリの伝説の弔辞

漫画家の赤塚不二夫さんの葬儀で弔辞を読み、その内容が良かったとか、実は手にした紙は白紙で「勧進帳」だったのでは、と話題になりました。

このまとめを見る