1. まとめトップ

GreenPost 33号- しなやかな技術研究会 2012/7/30-8/3日版

自然エネルギー 適正技術 クラフト - 繊細にして強靭、そして”手”をイメージした技術に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案

更新日: 2012年09月06日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 7944 view
お気に入り追加

[次回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/8/6-日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134356951507796401

p.2 ●おすすめエントリー ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2134296018167976601?page=2
p.3 ●気になる話題 ●気になるツィート
http://matome.naver.jp/odai/2134296018167976601?&page=3
p.4 ■気になるまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134296018167976601?page=4

[アーカイブ] http://goo.gl/1DyMl

[前回のまとめ GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/7/23-28日版]
http://matome.naver.jp/odai/2134242750134559401

----------------------------
注:右のカラムに表示される「このまとめの関連商品」や広告は、GreenPostがえらんだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■GreenPostの記事 / おすすめエントリー

三重県と愛知県は、木曽岬干拓地メガソーラー(30~35メガワット程度)に係る事業者の公募を開始しました。公募期間は、8月3日~10月1日。
 事業の区域は、三重県桑名市と愛知県弥富市にまたがる木曽岬干拓地の約78ha(三重県約62ha 愛知県約16ha)で、運転開始から20年の貸し出しを予定。発電規模は、30~35メガワット程度と予想されています。

政府は8月4日、5日に、予定通り、エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査を実施します。出席に応じた301人が、この新手法の”国民的議論”に参加予定とのことです。

西日本鉄道は、 太陽光発電事業に参入すると発表しました。まず、神大牟田線の福岡県の筑紫工場の屋根に500kWpの太陽光発電設備を設置し、発電電力を九州電力に売電する予定とのことです。

街のあちこちに生まれる太陽光発電所 再生可能エネルギーまめ知識 matome.naver.jp/odai/213384597… ■鉄道が発電所になる!、に西日本鉄道を追加 #renewjapan #renewsolar #pv

川崎重工は、JR東日本と鉄道システム用地上蓄電設備 ギガセル の実証試験を開始したと発表しました。回生電力貯蔵装置の運用を行い、大容量ニッケル水素電池「ギガセル」を”き電線”(架線)に直結し、電力を蓄電、放電する世界で唯一の方式だとのことです。

京セラら、鹿児島に70MWpの太陽光発電事業を行う事業会社を設立。総投資額は約270億円。完成は2013年秋の予定

----image : プレスリリース / IHI、(京セラ、みずほコーポレート銀行)、2012年4月10日
・京セラ・IHI・みずほCBがメガソーラー発電所建設に向けて協力 国内最大※1 鹿児島での太陽光発電事業に関する基本合意 発電能力70MW、総投資額約250億円のプロジェクト より
http://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2012/press/2012-4-10/index.html

- 参考 完成すれば以下のリストも大幅に書き換わります。

第一回 太陽光発電アドバイザー、資格試験は全国7会場で実施されます。試験日は、平成24年10月29日(月)、願書受付期間は平成24年9月7日(金)まで(消印有効)。受験料は、8,800円。

経済産業省は今回第6回となる次世代エネルギーパーク計画の公募を開始したと発表しました。地方自治体等(都道府県、市町村、第3セクター等)を対象に、平成24年7月30日(月)から平成24年8月30日(木)までが、公募期間です。

-----image : 新たに8件の次世代エネルギーパーク計画を認定!-----経済産業省、平成24年1月24日より 
http://www.meti.go.jp/press/2011/01/20120124004/20120124004.html

世界最高の効率0.2%で有機物を生成窒化物半導体の光電極による人工光合成システムを開発。0.2%は植物並とのこと! 将来の発展に期待がもてます

----image : プレスリリース / パナソニック、2012年7月30日
・世界最高の効率0.2%*)で有機物を生成窒化物半導体の光電極による人工光合成システムを開発 より
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/07/jn120730-3/jn120730-3.html

ドイツ連邦環境省が、 2050年までに、電力需要の80%を再生可能エネルギーによって供給するために、ドイツが貯蔵技術に関する研究プロジェクトに取り組むことを発表しました。

住友電工は、同社横浜製作所において、世界最大規模のレドックスフロー電池によるメガワット級大規模蓄発電システム(容量1MW×5時間)を完成させ実証試験を開始しました。

1 2 3 4





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。